*

各店の店長さんと月1回面談!これ、お互いにいいですよ!!

多店舗あると、1店舗の時とはちがい、いつも、全部、自分でわかる、、、のは無理ですよね
だって、体はひとつなので、分身の術!!で、体を増やしてあちこちの店に同時にいる!なんてできませんから(笑)

ただ、各お店のことをできるだけ知る!お店のスタッフさんとのコミュニケーション、関係性をよくする!ことは大事です
というか、これ、必須だと私は思います

店長さんと月1回面談です

店主、経営者、オーナーなど、立場は、多店舗展開しているお店によって、いくつかあると思います
ただ、いずれにしても、お店でおこっていること、どうなっているか?、スタッフさんは何を考えているのか?思っているのか?とかをしっかりわかっていることは大切ですよね

それで、たこ梅では、毎月1回、店長さん、もしくは、店長さん&リーダー格のスタッフさんと面談する時間を設けています

毎月上旬に、店長会議があり、その冒頭は、各店の状況、取り組みを発表して、お互いに意見をもらう時間があります
これを始めた時、どんな風に取り組みを発表していいのか、とまどう店長さんもいらっしゃいました
そんなこと、それまで、やったこともなければ、やれ!と言われたこともありませんでしたから、当然だと思います

それで、じゃあ、事前に、店ごとに「今月は何に取り組んでどうたったか?」「来月は、それもふまえて、何にどのように取り組むか?」を私と一緒に考える時間をつくろう!ってやったんです
それが、今の月下旬にする1時間の「店長面談」です

昨日も、道頓堀にある たこ梅本店の和田店長、新梅田食道街にある たこ梅北店の和本店長&大西さん、同じく新梅田食道街にある たこ梅分店の和本店長(北店と分店の店長を兼任)&上原さんと面談でした

たこ梅 本店の面談です

たこ梅 本店の面談です

たこ梅 北店の面談です

たこ梅 北店の面談です

たこ梅 分店の面談です

たこ梅 分店の面談です

初めの頃は、店長会議での発表のためにどうするか!!みたいな感じ、いいかえると発表会の準備!?のようでした
現在は、お客さまづくりの取り組みや新人さんに力をつけてもらうための周りをふくめた取り組みなどが、よく上がってきます

面談のキモは「いつまでに?何を?」

当たり前なのかもしれませんが、そういう取り組みについても、今では、いつまでに、何をするか?ということも、決められるようになりました
私が感じるのは、「いつまでに、なにをするのか」というのって大事だということ!
とりわけ「いつ」です

たこ梅は、いわゆる飲食店です
たこ甘露煮や関東煮(かんとだき/おでん)、そして、お酒を出す店ですから、、、(笑)

そういうお店で、面談をして、取り組みについて話すと、もちろん、店長さん、スタッフさんも、それは大切なこと!ってわかってます
ただ、これまでもそうだし、今もそうだし、これからもそうなんですが、日々の飲食の提供!というお店の最大の行動目的があって、これをまずやる!そうじゃないと店が始まらない!という意識があります
ですので、ついつい、大事とは思って、お客さまづくりの取り組みは、後回し、、、気づいたら、やるの忘れてた、、、^^;;; なんてことになりがちです

うちの面談(だけじゃなく、会議でも、、、)では、以前は、よく、いいことを決めたのに、実行されていない
それも、上から言われて「ハイ、、、」と言ったけど、もともと、あんまりやる気がなかった、、、というのではなく、やる気はあったけど、出来ていない、、、というのが多々ありました

でも、ある時から、それが大幅に減ったんです!
それは、単純な話ですが、「いつまでに?」って問いかけるようにしただけ

そうすると、自分たちのスケジュール、他の仕事のことなども考え、「いついつまでに!」って、やっぱり自分たちで決めます
すると、かなりの割合で、その日までにやるようになります
仮に、やれてなかったとしても、「なんで、できてへんねん!」なんて怒る必要はなく、ただ、「○○までに、やることになってますが、どうなってますか?」と普通に聞いてあげるだけでOKです
スタッフさんも、やりたくなかったわけじゃないから、、、

そうすると、ハタ!と気づいて、どうやってやろうか?も含めて、スケジュールも組み直して、ちゃんとやってくれます
それも、自分から!

さて、今日も、お店の面談があります
ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店の面談です
楽しくがんばってきますね!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

春の甲子園クイズ2019を紹介する安藤店長

「春の甲子園クイズ2019」やってますよ!!

今日は、3月23日(土)です そして、春の甲子園センバツ大会が始まる日です 新梅田食道街の

記事を読む

8月19日にワンデー「角打」やります!

道頓堀 たこ梅 本店で172年で初の「角打」(立呑み)を1日限定でやっちゃいます!

お酒の楽しみ方はいろいろあるし、楽しむ場所もたくさんあります 居酒屋さんだったり、バーたったり、飲

記事を読む

二人とも欲しいって鬼滅でも『アレ』人気なのか?

道頓堀 たこ梅 本店、鬼滅でも人気(?)かもしれない『アレ』渡してます!『アレ』ですよ!!

新梅田食道街 たこ梅 北店で『アレ』を手に入れられるらしい たこ梅はおでん屋ですが「アレ」も

記事を読む

たこ梅 分店の前田さんとはご家族のことで行動探求します

行動探求入門セミナーあけに、スタッフさん6人と連続で「行動探求」しました!!(*゚д゚*)

昨日、7人のスタッフさんとのコーチングや面談の時間でした 毎月、正社員さんとはコーチング、ホールパ

記事を読む

自由に聴き、話します

2月の野菜部@山添村 後編 ~「何かありますか?」から始まる会議?ミーティング?面談?~

今月も奈良の山添村にあるかわいい自然農法畑にスタッフさんと行ってきました 2月の野菜部[/c

記事を読む

臨時休業させていただきます

7月18,19日、「遊学旅行」のため全店臨時休業です!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年175年目を迎

記事を読む

茹であがった「わらび」です

店主の知らない関東煮・おでん!「蕨(わらび)」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

なぜ部下とうまくいかないのか(加藤洋平 著) なぜ人と部下は変われないのか(ロバート・キーガン著)

成人の発達理論を知りたい!「なぜ部下とうまくいかないのか」(加藤洋平 著)を読みました!

やっと、ロバート・キーガン、リサ・ラスコー・レイヒー 著の「なぜ人と組織は変われないのか」を読み終え

記事を読む

日経新聞2016年12月14日夕刊「食あれば楽あり」

日経新聞「食あれば楽あり」に、たこ梅の関東煮を取り上げてくれてはりました!

友人にFBメッセージで教えてもらったんですが、2016年12月14日の日経新聞 夕刊「食あれば楽あり

記事を読む

ゴエと忠志のDEEP関西の取材

<<速報>>「ゴエと忠志のDEEP関西」が道頓堀 たこ梅 本店を取材です!

先日、「ゴエと忠志のDEEP関西」さんの取材でした 「ゴエと忠志のDEEP関西」さんの取材 浅越

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑