*

最後の関門、和田店長の昇格面談!どうなったか?というと、、、(*゚д゚*)

9年前、スタッフさんの成長が目的で、人事評価制度をつくることにしました
だから、人事評価の項目は、すべて現場のスタッフさんにつくってもらったんです

人事評価の目的はスタッフさんの成長

私からは、ひとつだけ「みなさんが高い評価を取れば取るほど、お客さまが喜んでリピートしたくなる項目にしてね!」っていうお願いをしただけです

いま、自分はどこにいて、次のステップに上がるには何を身につけていけばいいのか?がわかる人事評価制度なのです
ですので、当初は、人事評価は給与や賞与につかっていませんでした
数年たって、「うん、つかってもいけそうだなぁ、、、」となって、今では、給与、賞与とも連動しています

評価者会議やってます

評価者会議やってます

そして、半年に1回前店長さんが集まる人事評価者会議で、全員の評価をつけるのです
全店長さんが、各店、ひとりひとりのスタッフさんの評価を検討することで、誰がつけても同じ公正な評価となります
さらに、評価が大事なのでは無く、その評価がついたとき、どうすれば評価が高くなる、、、つまり、成長できるかという「フィードバック」が大切です
ですので、人事評価者会議で最も重要なのは、そのスタッフさんへのフィードバックをどのようにするか?なのです

こんな感じで、スタッフさんの成長をサポートするため人事評価制度を構築していっています

春の人事評価で和田店長が昇格対象者に

さて、この春の評価で、道頓堀 たこ梅本店の和田店長が昇格対象者となりました
ただ、評価項目で一定以上の評価が着いて昇格対象となったからといって、昇格できるわけではないのです

昇格するためには、最後の関門があります
それが「昇格面談」です

所定のレポートを書いて、それをもとに私と面談して「合格」すれば、昇格が決定します

先日、和田店長とその昇格面談を行いました

和田店長と昇格面談

和田店長と昇格面談

お店近くの喫茶店で、1時間ほど昇格面談です

昇格のためのレポートとは?

和田店長も、昇格のためのレポートを書いてきてくれました

昇格面談のレポート

昇格面談のレポート

■これまでの出来事や自分をみつめながら、ゆったりした気分で、以下の問いに答えてね!

1.働く中で、これまで、自分が「よかった!」「楽しい!」って思ったエピソードは?
2.最近あった、お客さま、業者さん、仲間に喜んでもらえたことは、何ですか?
3.自分が、よく失敗する、上手く行かないパターンは、何ですか?
4.昇格後の自分が、お客さまに喜んでもらえる!役立てる!ことを5つ教えて下さい
5.これから高めていきたいこと(能力、技術、あり方など)を3つ以上教えて下さい
6.あなたが、点から授かった本質的な“強み”はなに、何ですか?(いくつでも)

このレポートの中で、上記の6つのことが問われます

そして、この問いと回答をもとに対話により、
・これまでの自分をふりかえり
・これから何を創り出したいのか
を中心に紐解いていきます

昇格面談の意図

この日、昇格面談のなかで和田店長が、最近のある出来事を話してくれました
それは、これまでのパターンだったら上手くいかなかったことが、いつもと違う行動がとれてスムーズにことがはこんだというのです

そのときは意識していなかったらしいですが、面談中に、その出来事がこのレポートを書いてすぐのことで、「3.自分が、よく失敗する、上手く行かないパターンは、何ですか?」で気づくことがあって、それで違う行動を取れたんだと思うと和田店長が言っていました

ふりかえることで、こういうことが起きるんですね
ですので、人評価項目上の昇格資格を満たした後で、この昇格面談をすることにより、
・昇格にふさわしいか最後の確認
・昇格した自分のあり方、心構えを意識する
ことができるようになるのです(っていうかなったらいいなぁ~くらいですけど:笑)

昇格面談の結果は、、、

昇格面談で和田店長の話をきき、それについて問いかけて、自分(この場合は和田店長)の中に何があるのか?を探求していきました

和田店長も、成人発達理論にもとづく「行動探求(Action Inquiry / アクション・インクワイアリー)」を2年以上やっているのでかなり自己探求には慣れてきています
それもあって、あるメンタルモデルが浮上してきました

それが分かっていると、今もできていますが、それ以上に、気づいて脇に置き、一呼吸してから対応することが可能となります
別の言い方をすると反応的にならなくて済むのです

こういう話が一緒に出来る和田店長ですから、昇格面談の結果は、、、

もちろん、「合格っ!!!」です

6月1日から、一等級あがって、4級です!!(ちなみに1級から5級まであります)

>和田店長
おめでとーーーーございまーーーーーーーーーーすっ!!(^o^)

これからも、よろしくね!
そして、本店とスタッフさんをお願いします

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです
たこ梅 五代目店主 てっちゃん

最新記事 by たこ梅 五代目店主 てっちゃん (全て見る)

関連記事

「自主経営組織のはじめ方」をティール組織のとこに並べます

今日から「自主経営組織のはじめ方」を読みます

先月、英治出版さんに「自主経営組織の始め方」をいただきました 英治出版さんにいただいた「自主

記事を読む

12月10日発売 月刊文藝春秋1月号の取材です

月刊文藝春秋さんが、道頓堀の たこ梅 本店を取材です!12/10発売号に掲載予定だそうです

昨日は、道頓堀にある たこ梅 本店で、雑誌の取材でした、、、 12月19日発売 月刊文藝春秋1月号

記事を読む

「掃除と動機付け」のシステムループ図

「片づけながら仕事をする」を聞いて気づいた掃除・片付けとPOP、売上の関係

一昨日は、店長さんとのお店の運営についての月1回の面談です その中で、店長さんの一言で気づいたこと

記事を読む

スタッフさんとご家族への2月のお誕生日ハガキを書いています

スタッフさんへのお誕生日のお祝いハガキを書いています

月末が近づくと、必ず、書いているのモノがあります 月によって、多い少ないはあるんですが、必ず、何枚

記事を読む

パートスタッフさんに行動探求のレクチャー

パートスタッフさんに行動探求(アクション・インクワイアリー)のレクチャー開始です!

お店って組織です 組織の力を高めるには、個々のスタッフさんが自律的に行動できることが必要と私は考え

記事を読む

「利益が見える戦略MQ会計」(西順一郎 編著、宇野寛/米津晋次 著)

会計データをスタッフさんがMQ会計で見られるようにしよう!とあーじゃこーじゃやってます

4月の店長会議で、お店の損益をスタッフさんに公開したという話を以前のブログに書きました → 4月の

記事を読む

本店前を通る御神輿

道頓堀 たこ梅本店の和田店長の写真撮ってたら、御神輿が来た!?

ときどき、道頓堀の たこ梅本店、取材を受けます 雑誌掲載用の記事で、店長の写真が必要になりました

記事を読む

学習する組織と能力の成長の新聞広告

書籍の新聞広告見てたら、学習する組織構築に繋がる本が数珠つなぎに思い出されます

うち、家で、日経新聞を取っています 朝、子どもを送り出して、郵便受けの新聞を取って、いつものように

記事を読む

女性自身の巻頭特集「おちょやん」浪速食いだおれ案内で紹介されています

道頓堀レジェンドグルメとして、たこ梅のお取り寄せおでんを女性自身に掲載いただきました

11月30日からスタートするNHK朝ドラ「おちょやん」は道頓堀が舞台となります 女性自身におでんの

記事を読む

「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)

「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ著)を読んで知ったこと、わからないことなど、、、

2008年9月のリーマンショックから、それまで順調だった売上が下がり始めました それも、ずっと、下

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

17人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑