*

あまから手帖「今月の気になるお取り寄せ」で、たこ梅のおでんをご紹介いただいています

12月、師走の声が聞こえてきますね

大人の愉しい食マガジン「あまから手帖」

大阪の食文化を掘り下げ紹介されている雑誌に、あまから手帖さんがあります

あまから手帖2020年12月号

あまから手帖2020年12月号

12月号は、大阪、食のエンタメ特集なんだそうです

今月の気になるお取り寄せ「家族で大阪の味」

そんななか、「今月の気になるお取り寄せ」というコーナーがあって今回が第5回目
やっぱり、コロナで、お取り寄せで楽しんでもらおうという編集者の方の気遣いでできた特集じゃないかと思います

さて、その第5回目のテーマは「家族で大阪の味」ということで、そのトップバッターに、日本一古いおでん屋「たこ梅」のお取り寄せおでんを選んでいただきました
※あまから手帖12月号の132ページです

今月の気になるお取り寄せ「家族で大阪の味」のトップで紹介いただいています

今月の気になるお取り寄せ「家族で大阪の味」のトップで紹介いただいています(画像をクリックすると大きく読みやすく表示されます)

その記事にはこうあります

泰平の願いを込めた関東煮
今年を振り返ると、新型コロナウイルスに多くの飲食店が悩まされた年だった。数々の文人に愛された関東煮の老舗も例外ではなく、一時休業を余儀なくされた。逆境のなか、一刻でも早い終息の願いを込めて生まれたのがこのセットだ。定番12品に、コロと看板のサエズリを2本ずつ加えて食べ応えは十分。通常6600円のところ、5670(コロナゼロ)円に設定しているところにも5代目・岡田哲生さんの心意気が。濃いめのだしが染みた大根に、具沢山のひろうす、モチモチのサエズリ・・・贅沢な鍋を家族で囲める幸せがじわじわと沁みてくる。

この記事に書いていただいたように、コロナの第1波が来た3月下旬、新型コロナで、お家にこもりがちというか、こもらざるを得ない方も増えてきました

そのときに、
・お家ではお鍋を囲んで、家族で食事を楽しんでほしい!
・ばんご飯づくりがたいへんなお母さんにホッとしてほしい!
と思って、あまから手帖さんでも紹介いただいている5670(コロナゼロ)おでんセットをつくりました

おでんのお取り寄せはネット注文でOK

このおでんセットですが、たこ梅のお取り寄せサイトから、24時間いつでもご注文いただけます

通販用の関東煮(おでん)荷姿

通販用の関東煮(おでん)荷姿

お取り寄せは、たこ梅の通販サイトをご覧くださいね!
たこ梅のお取り寄せ(通販)サイト

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

もちろん、名物のたこ甘露煮もお取り寄せいただけますよ!

いつでも、気軽にご注文ください!!

お友だちや親せきへの贈りもの、離れて住んでいるご家族にもどうぞ!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

道頓堀 たこ梅 本店の2階 川側の座敷

道頓堀 たこ梅 本店の2階には、座敷が2間あります!実は、使えるらしい、、、

道頓堀の通りすじの北側、道頓堀川の方に、たこ梅の本店はあります 道頓堀のたこ梅本店[/cap

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)用に仕込まれる松茸(まつたけ)

毎日、松茸の関東煮(かんとだき/おでん)を仕込んでいます!

今週から始まった秋の味覚の王者! そう、アレの関東煮(かんとだき/おでん)が始まったんです

記事を読む

テレビ大阪「ニュースリアル」さんのオデンの取材

テレビ大阪「ニュースリアル」さんが、道頓堀の たこ梅 本店に取材に来てくれました!

やっと、冬らしくなってきましたね 寒くなってくると、新聞や雑誌、テレビの取材が増えてきます 商っ

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)お土産のお知らせ看板(北店)

家にこもってるご家族に「関東煮・おでんのお土産」いかがですか?

世間はコロナウイルスで、家にこもりがちの方も多いようです あまり外は出歩かないとか、、、 た

記事を読む

高島屋 味百選にならぶ たこ梅の商品

大阪 難波の高島屋さんに、辛子や関東煮(おでん)が並んでます!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 1年半以上に及ぶコロナ

記事を読む

Xmas満月ポンのお知らせPOP

クリスマスなんぞ関係ない店!と思ってるのは店主だけだった件、、、^^;;;

170年以上前、弘化元(1844)年から、「たこ甘露煮」と「関東煮(かんとだき/おでん)」の上かん屋

記事を読む

雇用調整助成金の助成金上限を15000円に引上げ

雇用調整助成金の特例措置が12月末まで延長になりますが、、、

8月28日、厚生労働省が、9月末までだった雇用調整助成金の特例措置を12月末まで3ヶ月間延長すると発

記事を読む

阪神タイガースファン専用(?)のアテ「トラッチー」誕生

阪神タイガースファン専用(?)のアテ「トラッチー」誕生らしい、、、です、、、

新梅田食道街にある たこ梅 分店、、、 この店、道頓堀の本店や同じく新梅田食道街にある北店やホワイ

記事を読む

全スタッフさんが毎日使い捨てで3ヶ月は大丈夫なマスクを確保

休業再開に向けてスタッフさん用マスクが到着!これで3ヶ月以上OK!!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて、たこ梅は全店舗休業中です 1ヶ月間の休業に入っ

記事を読む

涼んでくださいな!おでん屋は、設定温度24℃!!

涼んでくださいな!おでん屋は設定温度24℃!!

蒸し暑い日が続きますね こんな日に「おでん?暑いやろ、、、」って思われるかもしらせません が、、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑