*

大人の遠足!「ホンマに旨い『生』を知り隊」~お客さまとのビール工場見学は楽しい時間でした~

もう10年以上になりますが、毎年、たこ梅では、アサヒビールの生ビールインストラクターさんに講習を受けています

今年の生ビール講習 ちなみにアサヒビールさんの生ビール講習の正式名は「樽生講習」です(^o^)

今年の生ビール講習
ちなみにアサヒビールさんの生ビール講習の正式名は「樽生講習」です(^o^)

同じ講習でも、毎年受けることで、ここが足りなかったなぁ、、、とか、こんなこともやるといいなぁ、、、とか新たな発見やレベルアップをやっています
ただ、これって、ビアサーバーの管理や洗浄、グラスの洗い方、生ビールの注ぎ方など、大事だけどお客さまからは見えない部分です

ただ、ひょっとすると、ビール好きのお客さまは、こんなビールの裏方にも興味があるかも、、、って思って、「なんかやってみよか!」ってところから、スタッフさん、アサヒビールさんと何度も打合せをしました
そして、ビール工場見学と生ビール講習で、ホンマに旨い『生』を知ってもらおうという企画して、「ホンマに旨い『生』を知り隊」の隊員を募集することにしました!

アサヒビール工場の見学スタート!

それで、昨日、8月29日、大阪の吹田にあるアサヒビールさんの工場に、たこ梅のお客さまとお邪魔してきました

アサヒビール吹田工場に到着です!

アサヒビール吹田工場に到着です!

いわゆる、「ビール工場見学」なんですが、それだけじゃーーーない!!(笑)
工場見学はもちろん、今回は、たこ梅のスタッフさんが、毎年、アサヒビールさんの生ビールのインストラクターさんから受けているプロ向けの生ビール講習を受講していただきます

まずは、その前に、工場を見学しながら、ビールの作り方、歴史、工夫などをお勉強です
ってーことで、「ホンマに旨い『生』を知り隊」隊員のビール工場見学がスタートです

ビール工場見学からスタート 全隊員、「ホンマに旨い『生』を知り隊」おそろいのTシャツです

ビール工場見学からスタート
全隊員、「ホンマに旨い『生』を知り隊」おそろいのTシャツです

ビール工場内を見学中!

ビール工場内を見学中!

特別に生ビール講習も受講します!

ビール工場見学のあとは、いよいよ、プロ向けの生ビールの講習を受講!!
たこ梅のお店では、厳しい表情のアサヒビール樽生インストラクターの春山さんも、こんな大勢の前で講習できて、ちょっと嬉しそうです!!

いよいよ、生ビール講習が始まります!

いよいよ、生ビール講習が始まります!

実際、終わってから、春山さんや他のインストラクターさんもおっしゃってたんですよ
「ここでも、団体で飲食店さんの講習やるんですが、会社から無理矢理行けといわれてきたのか、必ず、だるそうな人とか、それどころか、何人かは居眠り、、、なんです。
でも、今日のみなさんは、自分から来たい!って方ばっかりな、積極的に質問はしてくれるし、楽しそうに、熱心に聞いて、また、やって下さるんですよね!
ありがとうございました!
講師をやっていて、ほんと、楽しかったです!!」
と笑顔で、お礼をいわれてしまいました、、、(^o^)

正直、私も嬉しかったし、それよりも、たこ梅のお客さまの熱心なというか、子どものように好奇心むきだしで、生ビール講習に取り組まれる姿に、ちょっと、感激でした!!

さて、「ホンマに旨い『生』を知り隊」隊員さんの生ビール講習ですが、、、

隊員さん、自分で生ビールを入れてみます 真剣な表情で、注意深くビールを注ぎ、泡をつけます

隊員さん、自分で生ビールを入れてみます
真剣な表情で、注意深くビールを注ぎ、泡をつけます

実際に、ビアサーバーから、生ビールを自分でジョッキに注いでみます
その注ぎ方が、ちょっと違うだけで、、、

「うわぁ~!どうなってんのぉ~!!」 生ビール講習会は、新鮮な驚きと発見がいっぱい!

「うわぁ~!どうなってんのぉ~!!」
生ビール講習会は、新鮮な驚きと発見がいっぱい!

いきなり、泡がたって「うわぁ~!どうなってんのぉ~!!」と驚いたり、ぜんぜん、泡が立たなかったり、、、
生ビール講習は、新鮮な驚きと発見がいっぱいです!

生ビールの違いを自分の目と舌とノドで確認します 入れ方ひとつで、味がまったく変わるんですね!

生ビールの違いを自分の目と舌とノドで確認します
入れ方ひとつで、味がまったく変わるんですね!

そんな、生ビールをいろんな入れ方を試しては、自分の目と舌とノドで確かめます
このときは、その違いを見つけるため、隊員さん皆さん真剣な表情でビールを飲んでいます

「オレのいれた生ビール、最高や!」

「オレのいれた生ビール、最高や!」

やっぱり、自分で入れたビールは、最高に旨い!!
オレの!私の!生ビールが一番旨い!!
って、「ホンマに旨い『生』を知り隊」の全隊員が、きっと、思ってます(笑)

生ビールを味わいながらも、ちゃんとお勉強してます

生ビールを味わいながらも、ちゃんとお勉強してます

そんな楽しい試飲をしながら、また、インストラクターさんの話が始まると、しっかり耳をかたむけます
本当に、「ホンマに旨い『生』を知り隊」の隊員さん(たこ梅のお客さま)って、好奇心旺盛!生ビール講習を本当の意味で徹底的に楽しんいます

生ビール講習を受けたチームごとに記念撮影 みんな、ホントに、いい笑顔ですね

生ビール講習を受けたチームごとに記念撮影
みんな、ホントに、いい笑顔ですね

1時間以上にわたる生ビール講習も、そろそろ、終了、、、
生ビール講習を一緒に受けた仲間とインストラクターさんとで、チームごとに記念撮影です
ビール片手に、楽しそうな表情ですね!

楽しい生ビール試飲タイムがスタートです

ビール工場見学、生ビール講習のあとは、お弁当を食べながら、楽しーーーーく試飲タイムです

おいしいお弁当を食べながら、カンパーイ!

おいしいお弁当を食べながら、カンパーイ!

「ビールも、お弁当も、おいしいわぁ~」 自然とピースサインもでちゃいます!

「ビールも、お弁当も、おいしいわぁ~」
自然とピースサインもでちゃいます!

お弁当も旨いし、やっぱり、自分で入れた生ビール!工場のできたて生ビールは旨い!
そんな声が、あちこちから、聞こえてきました

突然の「たこ甘露煮」登場です 「タコとビール、めっちゃ、あうわぁ~♪」

突然の「たこ甘露煮」登場です
「タコとビール、めっちゃ、あうわぁ~♪」

今度は、たこ甘露煮が突然に登場です!
タコちゃんとビールあうわぁ~!!とばかりに、みんなで右手にタコ串を左手に生ビールで、カメラ目線!!
「ホンマに旨い『生』を知り隊」の隊員さん(たこ梅のお客さん)は、たこ梅のスタッフさん以上に、役者ぞろいです(笑)

たこ梅の謎、ビールの不思議のクイズ大会!

今度は、クイズ大会が始まりました!
たこ梅の歴史や秘密、ビールの謎にせまります

さぁ、楽しいクイズタイムが始まりましたよ!

さぁ、楽しいクイズタイムが始まりましたよ!

まるで、小学校の参観日のように、「ハイ!ハーイ!」とばかりに手をあげる子ども、、、じゃなくて、ええ年の大人!!(笑)

1問正解するごとに「うまい棒」1本!! 「もう、こんなに正解して、もらっちゃったぁ~!!」

1問正解するごとに「うまい棒」1本!!
「もう、こんなに正解して、もらっちゃったぁ~!!」

そして、正解すると、1問ごとに「うまい棒」が1本もらえます
味も、各種とりそろえているので、いろんな「うまい棒」をゲットして、隊員さん、嬉しそうです!!
まるで、遠足のおやつの時間状態、、、

「ハイ!ハーーーイ!」 クイズタイムは、まだまだ、続きます、、、

「ハイ!ハーーーイ!」
クイズタイムは、まだまだ、続きます、、、

クイズは、まだまだ、続きます
がんばって、たくさん正解すると、いろんな「うまい棒」がたくさんもらえる、、、だけじゃなくて、賞品も当たるのだった!!!

「やった!一等賞ゲットやーーーー!」 頭の金タコは、たこ甘露煮 大 姿煮の目録です(笑)

「やった!一等賞ゲットやーーーー!」
頭の金タコは、たこ甘露煮 大 姿煮の目録です(笑)

最多正解者には、たこ甘露煮 大 丸ごと一匹をプレゼント!!
でも、この日じゃなく、希望日にお届けです
で、その目録として、金のタコちゃんをかぶってます!
金のタコちゃんかぶって、ホント、嬉しそう!!
でも、このとき、一番嬉しかったのは、本店の安藤さんです

安藤さんが、このかぶり物の金タコつくってくれたんですが、
「一等発表のとき、『なんやコレかぶるの?えーーーっ』みたいにいわれたらどうしよう、、、^^;;;」
って悩んでたんです
それが、受賞者の笑顔をみて、メッチャうれしかったらしい!!(これは、後で本人に後からきいた話)

いろんな賞品があたります!

いろんな賞品があたります!

他にも、特製手ぬぐいやポロシャツなど、いろんなものが当たってました
だれかが何かあたる度に、「ワーーー!」「キャーーー!」「ヤッターー!」って、学芸会のノリです!!

参加メンバー全員で最後に記念撮影

そんな楽しい時間も、だんだん、終わりに近づきます

最後は、全員で、記念撮影!! あーーー、楽しかった!!(^o^)

最後は、全員で、記念撮影!!
あーーー、楽しかった!!(^o^)

最後は、工場の前で、「ホンマに旨い『生』を知り隊」の隊員さん、アサヒビールさん、たこ梅のスタッフが、全員そろって記念撮影!!

あとから、この日に、隊員さんから書いていただいたアンケートを読んだんですが、10点満点で、平均点が、10点をはるかに超えてました!!
って、ヘンでしょ、、、
ほとんどの方が10点、一部の方が、12点とか15点とか、120点とか、わけからん点数つけてくれはったので、軽く満点を超えちゃったんです

それに「大人の遠足、また、お願いします!」「めっちゃ、楽しかった!」「有料でいいから、やって!!」「今度は、お酒(清酒)もお願いします!!」「ありがとうございます!楽しかった!!」などなど、嬉しいお声、今回のイベントをがんばってくれたスタッフさん、そのスタッフさんを支えてくれた たこ梅の全スタッフさんの元気の源となる応援の声をたくさん、たくさんいただきました

一緒にがんばったスタッフさんが、言ってました
「こんなに喜んでくれはるとは、思ってませんでした、、、タイヘンやったけど、やってよかった!やらんかったら、こんな気持ち、味わえませんでした、、、お客さまに、ホンマ、感謝してます」

スタッフ全員、同じ気持ちだと思います

ってーーーことで、調子こいて、また、なんか考えてやりまーーーーす!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たこ梅文庫に「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け(佐藤元相 著)」が並びました!

「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」(佐藤元相 著)が、たこ梅文庫の書架に追加されました!!

2012年から、毎年、2~4人の社員さんが、半年ほど通う研修にいっていて、もう、10人以上になります

記事を読む

アサヒビールさん、たこ梅スタッフが集まっての全体ミーティングがスタート!

夏の部活「ビール工場見学」オールスタッフミーティング!です

この夏で、はや3回目となる夏の部活!「ビール工場見学」が近づいてきました 2週間ほど前、アサヒビー

記事を読む

わ組・も組のブロマイド?

新梅田食道街の たこ梅 分店では、わ組・も組がデッドヒートです!

いま、新梅田食道街にある たこ梅 分店では、デッドヒートがくりひろげられています! わ組、も組のデ

記事を読む

ひたすら『酉』を書いています

年賀状ではありません!が、ひたすら『酉』を書いていました!!

もう、年も押し詰まって年賀状の、、、な、わけないですよね!(笑) なんですが、昨日は、夜にこんなこ

記事を読む

ニューズレター「たこ梅FUN倶楽部通信」の封筒詰め準備

ニューズレター「たこ梅FUN倶楽部通信 2018年1月号」の発送準備中です!

また、このシーズンがやって来ました! たこ梅では、3ヶ月に1回のペースで、お客さまのうち、お名

記事を読む

ホンマに旨い『生』を極め隊の記念撮影

夏の部活「アサヒビール吹田工場見学」に たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!

今年で、3年目を向かえるアサヒビール吹田工場さんでの工場見学、、、 たこ梅FUN倶楽部の部員さんか

記事を読む

佐藤先生、中野先生と、卒業の記念撮影をする松本さん

ランチェスター戦略をベースとした半年にわたる「あきない実践道場」を松本さん、見事に卒業です!

2017年8月から、ランチェスター戦略をベースとした「あきない実践道場」に、道頓堀にある たこ梅 本

記事を読む

「掃除と動機付け」のシステムループ図

「片づけながら仕事をする」を聞いて気づいた掃除・片付けとPOP、売上の関係

一昨日は、店長さんとのお店の運営についての月1回の面談です その中で、店長さんの一言で気づいたこと

記事を読む

本店の「立呑みサマーナイトフェスティバル」取り組み発表

POPを1枚も書かない!?「POPで楽しく価値を伝える研修♪2017 Part 2」です

今年で5年目を向かえる「POPで楽しく価値を伝える研修♪」が、5月に続き開催です タイトルは、「P

記事を読む

名刺交換キボンヌ!?

「名刺交換キボンヌ」って、、、アリ?

お酒を飲む場所って、いろいろありますよね たこ梅も、お酒を提供しています まぁ、170年以上前か

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑