*

「たこ甘露煮」は、170年以上使い続ける秘伝の出汁で、毎日、たいてます!

公開日: たこ甘露煮

たこ梅の名物っていうと、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)とアレです!

鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)

鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)

そのアレ、もちろん、毎日、大きな釜でたいています!

名物「たこ甘露煮」は、170年続く、秘伝の出汁でたきます!

たこ梅の「たこ甘露煮」使うマダコは、瀬戸内産です
瀬戸内海といっても広いので、ほとんどは、明石から淡路、讃岐(香川)でとれるマダコを使っています

秘伝の出汁の中、大釜でたかれるマダコ

秘伝の出汁の中、大釜でたかれるマダコ

そのマダコを創業から、毎日、毎日、継ぎ足しながら使い続ける秘伝の出汁でたいていきます
タコをたくと、出汁の中に、タコのエキスというか旨みというかが出てきます
それが濃厚に煮詰められた出汁で、また、翌日たく!
そして、新たなタコの旨みが加わる
そんなことを170年以上、繰り返してきます
だから、今も、最初の出汁が、何万分の一か、何十万分の一かわかりませんが、はいっているんでしょうね

タコはすべて、天然ものです!!

ところで、たこ梅の「たこ甘露煮」につかうタコは、すべて、『天然もの』です!!
って、実は、ぜんぜん、すごくありません(笑)
私の知る限り、タコって養殖はされてなくて、すべて、天然なんです

だから、使うタコの大きさは、ある程度そろえていますが、一匹一匹、個性が違う
人間も、ひとりひとり、性格も、手足の長さ、太り方も、さまざまでしょ?
タコも、おんなじなんです

たきあがった丸っぽの「たこ甘露煮」です

たきあがった丸っぽの「たこ甘露煮」です

そんなタコを大釜に放り込んでたきあげるんですが、当然、全部のタコが同じ時間ピッタリ!でたきあがる!!ってことはありません
それで、だいたい、目安となるたき上がる時間となると、一匹ずつ、様子を見て、たき上がったタコから取り出して冷ましていきます

これが、じつは、結構、手間なんです
ただ、この手間をかけないと、お客さまが「旨い!」「やわらかいなぁ~!どうやって、たいてるんや?」って言われる たこ梅の「たこ甘露煮」にはなりません
まぁ、手間をかけた分だけ、それだけ、美味しくなるんだと思います(^o^)

こうしてたき上がった丸っぽ一匹の「たこ甘露煮」は、お店で、丁寧に削ぎ身にされて串を打たれます
それで、普段、お客さまが見かけられる「たこ甘露煮」となって登場するわけです

創業弘化元年からの名物「たこ甘露煮」

創業弘化元年からの名物「たこ甘露煮」

そうそう、この「たこ甘露煮」ですが、辛子がメチャメチャきくので、控えめにつけて下さいね!!
そして、お酒やビールと楽しんでください!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

タコたき練習中の上原さん(右)

タコたき職人を目指して、たこ梅 分店の上原さんが修行中!!

創業の弘化元(1844)年からの名物が、マダコを甘辛く、そして、やわらかーーーーーーくたき上げた「た

記事を読む

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」

「ミナミ本」で、道頓堀 たこ梅 本店の秘密・ナゾをいろいろ取り上げていただきました!

10月に京阪神エルマガジン社の方が、道頓堀にある たこ梅本店に取材に来てくれはりました 商品

記事を読む

たきあがった「たこ甘露煮」

たこ甘露煮、今日もたいています!!

弘化元年(1844年)に、たこ梅は、関東煮(かんとだき/おでん)と、たこ甘露煮の上燗屋として創業しま

記事を読む

たこ梅東店(ホワイティうめだ)の関東煮(かんとだき/おでん)定食

ちょくちょく、普通にお客さんで利用してます。お昼に関東煮(かんとだき/おでん)定食を!その理由は、、、

お店が、本店は道頓堀、北店・分店・東店は梅田にあります それで、お昼も、お店の近所で食べる事がしば

記事を読む

たこ甘露煮をたきあげたばかりの本店の松本さん

タコたき職人、また、ひとり誕生です!!

170年以上前、江戸時代の弘化元年からの たこ梅の名物にマダコを甘辛くたきあげた「たこ甘露煮」があり

記事を読む

女性自身のお取り寄せ特集ページ

「たこ甘露煮」のお取り寄せを「女性自身」に掲載いただきました!

たこ梅の名物「たこ甘露煮」が女性自身に掲載いただきました!! たこ梅の名物「たこ甘露煮」のお取り寄

記事を読む

完全養殖で誕生したマダコの赤ちゃん

「たこ甘露煮」ちゃん、10年もしたら、養殖のマダコになってるかも!?

いやーーーー、びっくりしたーーーーーーー!! 昨日、新聞を見たときです いや、ほんまに、、、

記事を読む

左から、てっちゃん、長田さん、勝矢さん、山田さん

ワクワク系マーケティングのグランプリホルダー おさぴーが、道頓堀 たこ梅本店に来てくれました!

先日、すごい人が、道頓堀の たこ梅 本店に来て下さいました 小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マ

記事を読む

たきあがった「たこ甘露煮」

丑の刻参り!じゃなくて、丑の刻にタコたいてました!!(笑)

午前2時、丑の刻参り、、、ではなく、タコをたいていました!! というのは、、、 年末恒例の夜通し

記事を読む

大釜から揚げた「たこ甘露煮」です 決して、宇宙人の脱出!ではありません

「宇宙人の脱出シーン」ではありません!「たこ甘露煮」たいてるとこです!!(笑)

おはようございます 今日も、朝から、元気に、たこ梅170年(正確には創業173年目かな、、、)の名

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑