*

「たこ甘露煮」は、170年以上使い続ける秘伝の出汁で、毎日、たいてます!

公開日: たこ甘露煮

たこ梅の名物っていうと、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)とアレです!

鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)

鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)

そのアレ、もちろん、毎日、大きな釜でたいています!

名物「たこ甘露煮」は、170年続く、秘伝の出汁でたきます!

たこ梅の「たこ甘露煮」使うマダコは、瀬戸内産です
瀬戸内海といっても広いので、ほとんどは、明石から淡路、讃岐(香川)でとれるマダコを使っています

秘伝の出汁の中、大釜でたかれるマダコ

秘伝の出汁の中、大釜でたかれるマダコ

そのマダコを創業から、毎日、毎日、継ぎ足しながら使い続ける秘伝の出汁でたいていきます
タコをたくと、出汁の中に、タコのエキスというか旨みというかが出てきます
それが濃厚に煮詰められた出汁で、また、翌日たく!
そして、新たなタコの旨みが加わる
そんなことを170年以上、繰り返してきます
だから、今も、最初の出汁が、何万分の一か、何十万分の一かわかりませんが、はいっているんでしょうね

タコはすべて、天然ものです!!

ところで、たこ梅の「たこ甘露煮」につかうタコは、すべて、『天然もの』です!!
って、実は、ぜんぜん、すごくありません(笑)
私の知る限り、タコって養殖はされてなくて、すべて、天然なんです

だから、使うタコの大きさは、ある程度そろえていますが、一匹一匹、個性が違う
人間も、ひとりひとり、性格も、手足の長さ、太り方も、さまざまでしょ?
タコも、おんなじなんです

たきあがった丸っぽの「たこ甘露煮」です

たきあがった丸っぽの「たこ甘露煮」です

そんなタコを大釜に放り込んでたきあげるんですが、当然、全部のタコが同じ時間ピッタリ!でたきあがる!!ってことはありません
それで、だいたい、目安となるたき上がる時間となると、一匹ずつ、様子を見て、たき上がったタコから取り出して冷ましていきます

これが、じつは、結構、手間なんです
ただ、この手間をかけないと、お客さまが「旨い!」「やわらかいなぁ~!どうやって、たいてるんや?」って言われる たこ梅の「たこ甘露煮」にはなりません
まぁ、手間をかけた分だけ、それだけ、美味しくなるんだと思います(^o^)

こうしてたき上がった丸っぽ一匹の「たこ甘露煮」は、お店で、丁寧に削ぎ身にされて串を打たれます
それで、普段、お客さまが見かけられる「たこ甘露煮」となって登場するわけです

創業弘化元年からの名物「たこ甘露煮」

創業弘化元年からの名物「たこ甘露煮」

そうそう、この「たこ甘露煮」ですが、辛子がメチャメチャきくので、控えめにつけて下さいね!!
そして、お酒やビールと楽しんでください!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

大釜で、瀬戸内のマダコをぐつぐつたいてます

熊本からのお客さまから「旨いなぁ~」と言われた『たこ甘露煮』を今日もたいています!

昨日、熊本からいらっしゃったお客さま お父さまが50年前に料理人の修行でミナミで働いておられたんだ

記事を読む

「たこ甘露煮」がたき上がりました

子どもプールも大活躍!徹夜で「たこ甘露煮」をたき続けます!!

冬、、、 年末に大活躍するといえばアレですよね! そう! 「子どもプール」です 年末に

記事を読む

タコをたいてるところを撮影中

MBS「魔法のレストラン」さんのタコの取材でした!

寒くなってくると、オデンが恋しくなる、、、 冬に向けて、よく、テレビや雑誌のオデン(たこ梅では関東

記事を読む

お中元用の「たこ甘露煮」をたいています!

今日も、お中元用の「たこ甘露煮」たくさん!たかせて頂いてます!!

7月に入って、毎日、たくさんの「たこ甘露煮」をたかせてもらってます! 「え゛?夏は、ヒマなんじゃな

記事を読む

やわらかくたけたタコを釜からあげていきます

170年間、たこ甘露煮たいてます!!生から、たき上げまで公開です!!

170年以上前の創業からの名物に「たこ甘露煮」があります 瀬戸内の真蛸を秘伝のダシでやわらかくたき

記事を読む

12月10日発売 月刊文藝春秋1月号の取材です

月刊文藝春秋さんが、道頓堀の たこ梅 本店を取材です!12/10発売号に掲載予定だそうです

昨日は、道頓堀にある たこ梅 本店で、雑誌の取材でした、、、 12月19日発売 月刊文藝春秋1月号

記事を読む

お中元用の「たこ甘露煮」をたいています

お中元用の「たこ甘露煮」も、毎日、いっぱいたかせてもらってます!

昨日は、7月7日、七夕でしたね そう、7月というと、日本では、お中元をお贈りする季節です た

記事を読む

170年前も、今日も、「たこ甘露煮」をたいています!

今日も、「たこ甘露煮」をたいていました 創業の弘化元(1844)年から、毎日、毎日、ダシ(というか

記事を読む

たこ甘露煮、やわらかくたき上がりました!

たこ甘露煮、たいてまーーーす!

昨日は、私が、タコたきの当番です 170年以上前、創業からの名物である「たこ甘露煮」は、数人のスタ

記事を読む

読売新聞 夕刊 2016年9月17日

読売新聞 夕刊「マチタビ」に笑福亭鶴光さんの思い出の店として掲載いただきました!

先日、読売新聞の編集局の方から電話をいただき、道頓堀にある たこ梅 本店で取材を受けることになりまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑