*

取引先さん、業者さんへ新酒の酒粕と七福神宝船図をお届けに行ってきました!

公開日: つれづれに, お客さま関係性

もう、今年も数日ですね

12月に入ると、たこ梅が使っているお酒の酒粕を蔵元さんに特別にパッケージにしてもらって、それがお店に届きます

「新酒の酒粕」が蔵元から届きました!

「新酒の酒粕」が蔵元から届きました!

普段、お世話になっている取引先さんには、日頃の感謝の気持ちで、この酒粕を差し上げています

八百屋さんや鯨屋さんなんかは、商品を納品いただくときに、お渡ししているので12月の中旬くらいまでにはお渡し出来ました

ただ、工務店さんや暖簾を作っていただいているところとかは、お渡し出来ていない、、、
それで、先日、酒粕を下げて、お届けに行ってきました!

たこ梅の暖簾をいつも頼んでいる北浦染工場の女将さん

たこ梅の暖簾をいつも頼んでいる北浦染工場の女将さん

まずは、先代からずっと、たこ梅の暖簾を手描きして染めて下さってる北浦染工場さんにお邪魔、、、
大将はいらっしゃいませんでしたが、女将さんがお店にいらしたので、新酒の酒粕をお渡ししました
それと、いい初夢が見られるという七福神宝船図も出来上がってきていたので、これも一緒にお届けしました
ぜひ、いい初夢を見て、いい年にしてくださいね!

それから、お世話になっている工務店さんにも、おじゃま、、、
やっぱり酒粕と七福神宝船図をお届けしました

大阪の道具屋筋にある千田さん

大阪の道具屋筋にある千田さん

大阪の道具屋筋にある千田さんは、厨房用品などでお世話になっています
こちらにも行ってきました

お店が世話になっている千田さんに、酒粕、七福神宝船図をお届け

お店が世話になっている千田さんに、酒粕、七福神宝船図をお届け

この間も、ガス器具の調子が悪いのでお店のスタッフさんが電話をしたら、スグに飛んできて直してくださいました
こちらにも、酒粕と七福神宝船図をおいてきました

さて、今年も、あとわずか、、、
最後まで、手を抜かずにがんばりまーーーーーーーーーーーす!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

お店用の新しい iPad mini4

お客さまデータベース「大福帳」活用のため、全店舗のiPad miniをiPad mini4に入れ替えます!

昨日のブログで、土曜日(2月4日)に、NAS(Network Attached Storage)を約

記事を読む

朝起きてベランダに出ると雪が積もっています

2月12日、大阪の朝は、久々の「雪」です!屋根の上に積もってます

今日は、2018年2月12日です 朝起きようと思っていると、子どもが、「来て!来て!」と大きな声で

記事を読む

お客さまに送られるのを待つ「たこ梅通信」たち

お客さまへお届けするニューズレター「たこ梅通信7月号」の発送準備に忙しくしております!!

3ヶ月に一度、このときがやってきます! 急に忙しくなります、、、 たこ梅通信7月号の発送準備です

記事を読む

お客さまの中のファン、サポーターの具体像を探索しています

11月の現場会議~お客さま分類「ファン」「サポーター」の違いについて~

先週、若手スタッフさん中心の「現場会議」をやってました たこ梅には、定例の月例会議には、店長会議と

記事を読む

英治出版さんの本は17冊ありました!

英治出版さんが来てくれはりましたが、何冊くらい、英治出版さんの本があるのか調べてみました!

私、単なる読者です 作家でも、講演家でもありません ふつーの飲食店の経営者で、たこ梅の五代目店主

記事を読む

商品だけじゃない!情報や思いを伝えるメニューに進化しています!!

居酒屋さん、ラーメン屋さん、お寿司屋さん、レストラン、喫茶店、、、どこに入っても、まず、メニューがで

記事を読む

4つの目を持つ方相氏(ほうそうし)とその脇をかためる侲子(しんし)による追儺式の様子

節分は年4回ある?始まりは追儺式?恵方巻きの正しい食べ方は?

おはようございます 今日、2月3日は、節分ですね ところで、節分自体は、年4回あるってご存じでし

記事を読む

商業会2018年7月号「値上げの説得力」

商業界2018年7月号「値上げの説得力」に、たこ梅の事例が掲載されています!

現在発売中の商業界2018年7月号は、巻頭特集が「値上げの説得力-『だったら買わない』と言わせない経

記事を読む

おでんも出せるようになりました!by高羽さん

お客さまが増える中、よりきめ細かい接客・対応をするため、パートさんを募集します!

「お客さまに喜んでいただき続ける!そして、結果、お店が、お客さまから選ばれる!!」ということに、たこ

記事を読む

太陽の塔(「黄金の顔」と「太陽の顔」)

太陽の塔には、4つの顔があった、、、そして、太陽の塔の内部、見れます、、、

今から、48年前、高度成長まっただ中の1970年に、大阪万博 Expo70~人類の進歩と調和~が、大

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑