*

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)は、アカン、面白すぎる、、、

やばい、、、
アカン、、、
面白すぎる、、、
いま、そんな本を読んでいます

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)を読み始めました

読んでいるのは、「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)という成人の発達理論をベースにした本です
コレね!

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)

この本自体を購入したのは、確か、1年くらい前です
いわゆる「積ん読」でした
有名な本で、成人の発達理論をベースに、人と組織が変化、変容できない理由なんかをかいてあるらしい、、、という事は知っていて、見つけた時に買ってありました
ただ、ハードカバーで分厚い(400ページ以上)んです
で、ちょっと敬遠気味で、そのまんまに、、、

ゴールデンウィークに開催されたアーノルド・ミンデル、エイミー・ミンデル夫妻のワークショップに参加するに当たって、著書を読もう!ってことで18冊ほど、買って読んでました

宣言したアーノルド・ミンデルの本12冊読了です!

18冊読んだ内の一部(12冊)です

これを読んでいるうちに、なぜか、発達理論が気になってきて、ミンデル本を読み終わったら、「なぜ人と組織は変われないのか」を読もう!って思ったんです
それで、先日から、読み始めました

「なぜ人と組織は変われないのか」は、目次から面白い!!

で、本を読む時の私のよくやることなのですが、まず、目次をながめて、「へぇ~、こういう構成なんだ、、、」というのをなんとなくでも頭に入れて読み始めます
今回も、もちろん、目次のページを開きました

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)の目次

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)の目次

次の瞬間、、、

傍(はた)からみていたら、めっちゃ、ニンマリしていたと思います ←ちょっと気持ち悪いヤツですね(笑)
だって、目次の「序章」の二つ目に「『学習する組織』を実践する」ってあるんですよ!

さらに目に飛び込んできたのが、第1章の中の「学習方法をみなおす」、第3章にある「個人と組織の成長をつなぐ」「組織学習を推進するリーダーシップ」でした
この店主ブログを長く読んで頂いている方はご存じと思いますが、リーマンショックをきっかけに、平成22年3月に何が起きても乗り越えていける「学習する組織」をつくるを作る!って決めて、6年以上取り組んでいます

そう、この「なぜ人と組織は変われないのか」は、学習する組織をつくっていくためのひとつの方法論である!という見方もできます
そして、買った時は気づかなかったのですが、本の裏表紙の帯にこんなのがあったのに気づきました!

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)の裏面の帯

「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)の裏面の帯

そこには、「学習する組織」の提唱者であるピーター・センゲ博士が「変革への揺るぎない意志とはどういうものかを知り、変革を実践に移していきたいと考えるリーダーにとって、本書ほど優れた手引き書を渡しアーほかに知らない。」と書かれています

「なぜ人と組織は変われないのか」は、面白すぎる、、、

この本を読み始めて、実質、今日が3日目(途中、出張や研修で読めない日を除いています)です
文字ばっかりで、一般的には読みにくい本と思うのですが、読み始めると、これが、スタッフさんの成長、自分の発達と結びついて、面白くて、、、
2日で、すでに半分以上、読めちゃいました!!

本の中では、変革をうながすための「免疫マップ」などのツールが、実際の事例をもとに紹介されています
これって、なんとか、スタッフさんとの面談とかで使えそうな気が、、、
しっかり読み込んで、実際の現場で活用していこうと思います!!
がんばるぞーーーー!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

子会社を本当に良くしたいと願うあなたに知って欲しいこと(中土井僚 著)

「子会社を本当に良くしたいと願うあなたに知ってほしいこと」(中土井僚 著)を読みます

U理論の翻訳者、つまり、U理論を日本に紹介したお二人の中のひとりである中土井僚さん U理論

記事を読む

吉田健一さんの「私の食物誌」「舌鼓ところどころ」とその両者をあわせた没後40年記念の文庫本

中央公論新社さんから「舌鼓ところどころ/私の食物誌」(吉田健一 著)の文庫本をいただきました!

この前、中央公論新社さんから郵便物が届きました 「何が、来たんやろ?」って思って開けてみると、、、

記事を読む

評価者会議2018春

評価者会議2018年春~人事評価制度の目的はスタッフさんの成長~

昨日は、正社員さんの人事評価を決定する評価者会議の日でした 評価が決まると、昇給や賞与も、この評価

記事を読む

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)は、現場の人に手厚い本だと思います

このブログを読んで下さってる方は、ご存じかもしれませんが、平成20年のリーマンショックを期に、お店の

記事を読む

宣言したアーノルド・ミンデルの本12冊読了です!

アーノルド・ミンデルの本を12冊読了しました!が、追加が、、、(笑)

5月2日までに、プロセスワーク、プロセス指向心理学の創始者であるアーノルド・ミンデル博士の本を12冊

記事を読む

自意識と創り出す思考(ロバート・フリッツ、ウェイン・S・アンダーセン 著)

「自意識と創り出す思考/IDENTITY」(ロバート・フリッツ、ウェイン・S・アンダーセン 著)を再読です

昨年、ロバート・フリッツ夫妻が来日したとき、「創り出す思考」ワークショップを女神山(長野県)で受講し

記事を読む

英治出版さんが、たこ梅の事務所を訪ねて下さいました

英治出版さんが、一読者をわざわざインタビューに来てくれはりました!ビックリ、、、(*゚д゚*)

このブログを読んで頂いている方は、ときどき、私が、読んだ本のことを書いているのをご存じかもしれません

記事を読む

直山さんと行動探求(Action Inquiry)のミニ講座スタートです!

ホールのパートスタッフさんへの行動探求ミニセミナーがスタート!

平成20年9月のリーマンショックをきっかけに、それまでのマーケティングではうまくいかない、、、 そ

記事を読む

分店の深澤さんと行動探求

行動探求(アクション・インクワイアリー)セッションの目的とは?

2年半前からスタッフさんと始めたのが行動探求(アクション・インクワイアリー)のセッションです 毎月

記事を読む

スタッフさんが、たこ梅文庫に寄贈してくれた本

スタッフさんが、たこ梅文庫に本を寄贈してくれました!

うちの事務所には、書架が数台並んでいて、現在、500-600冊くらいあります 「たこ梅文庫」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑