*

白鹿さんと秘密の会合、、、酒を造りたいんじゃない!お米を作る人、お酒を造る人、売る人、飲む人がつながって、わかりあえる世界を出現させたい!

昨日、昼過ぎ、梅田の某所で、西宮の酒蔵 辰馬本家酒造さん、、、っていうより白鹿さんという方がわかりやすいですよね
その白鹿さんの たこ梅の担当営業さんだけじゃなく、営業部、営業統括部、商品部なんかのエライさんたちと秘密の会合やってました

白鹿さんとの秘密の会合

うち(たこ梅)の方は、酒担当の安藤店長と多比羅店長、そして、てっちゃん(私)の3人です

秘密の会合なので、内容は、詳しくは言えませんが、、、

白鹿さんと秘密の会合です

白鹿さんと秘密の会合です

ちょっとだけ、話しちゃおうかな、、、

お米を作る人、お酒を造る人、売る人、飲む人がつながって、わかりあえる世界を出現させたい!

もともと、たこ梅FUN倶楽部の部員さんの酒蔵見学の打合せの時、「たこ梅専用のお酒を造れたら面白いね!」なんて話して、盛り上がってました

その後、うちのスタッフさん、白鹿さんの担当営業である小西さんと話す中で、まぁ、お酒ができたらおもろいけど、それは、結果、、、というか、われわれが求める中で、結果として訪れるものなんだ!って思いました
例えば、お酒って、お米、水、麹からできます
それを土作りや田植え、稲刈りからなどから、もし、一緒に関われたら、、、

特別純米山田錦と錫のタンポ、上燗コップ

特別純米山田錦と錫のタンポ、上燗コップ

今は、兼業農家が多い
どうして、兼業なのか?
その中で農家の方が、どういう思いでお米、酒米をつくっておられるのか?
を知ったり、その気持ちをわかったりできて、そして、同じように白鹿さんの杜氏さんや醸造に関わる方は、どういう思いや気持ちで、酒造りにとりくんでらっしゃるのか?ということもわかりあえたら、、、
同時に、お酒を飲むうちのお客さん、売ってるうちのスタッフさんがどんな気持ちでお酒を飲んだり売ったりしているのか?を農家の方や白鹿さんの醸造やそれ以外の方々にも知ってもらえたら、、、

お米を作ってる人、お酒を造ってる人、お酒を売ってる人、お酒を買って飲んでる人、、、
みんながつながって、わかりあえたら、どんな世界がやってくるのだろう、、、

そんなことを実現したいなぁ、、、というか、そういう世界の出現に関わりたいなぁ、、、って、うちのスタッフさんも私も思っています

何をするにしても、われわれの思いを白鹿さんにわかってもらって、「あーーー、だからなのかーーーー」と同じ処に、まず、立ってもらう!
この日は、白鹿さんに、そういう思いを伝えたいと思ってました

白鹿さんに思いをわかってもらう

白鹿さんは、醸造メーカーさんです
メーカーさんって、白鹿さんと限らず、いいモノをつくろう!って、一所懸命で真面目な方が多い
(私も、10年以上、メーカーにつとめていたので、よく分かります)
だから、今回のお話も、お客さんである たこ梅さんにお酒造りのメーカーである白鹿として、どんなモノを提供できるか?って一所懸命考えて持ってきて下さいました

それは、とっても嬉しい、、、
でも、お酒を造ることやたこ梅オリジナルのお酒をお店で出すことが本質的な目的ではないんです

先に書いたとおり、お米を作ってる人、お酒を造ってる人、お酒を売ってる人、お酒を買って飲んでる人、、、
みんながつながって、わかりあえる世界をつくる事が目的です

そのひとつのやり方として、お酒を関わる人すべてがつながって造る!
そして、造る中で関係性を育みわかりあえるようになっていく!が生じる、、、

メーカーとお得意さんというバリアーがなくなる

それを1時間半かけて、白鹿さんと会合、、、ではなく、対話しながらお互いの違いを理解し、ひとつひとつ、理解を深めていきました
一番わかりやすかったのが、会合(?)の最初は、白鹿さんとたこ梅の間には、メーカーとお得意さん(お客さん)という見えないバリアーの存在です

私が、「いま、白鹿さんとうちらとの間に、見えないけど、確実に、メーカーさんとお得意さんという壁があるでしょ?それ、見えないけど感じられるでしょ?」って、明示的に全員に感じ取ってもらいました
それが、終わり頃には、全員の表情がやわらかくなっていました
そのときに、「さっきと違うのわかります?いま、メーカーとお得意さんっていう壁、感じられなくなってるでしょ?人と人と対等の関係、仲間の関係があるでしょ!雰囲気が、おだやかで、なんとなく温かくなってますよね」って、全員が、感じ取られる状態になっていました

これから、ひとつのゴールとして、お米を作ってる人、お酒を造ってる人、お酒を売ってる人、お酒を買って飲んでる人がつながっていて、その時、農家、メーカー、飲食店、お客さん(消費者)が、お互いにわかりあって、対等の関係、仲間の関係になっていることがあります

白鹿さんは、たこ梅と違って、大きな会社です
今後、今回の取り組みがどうなっていくかわかりません
ただ、それでも、人の可能性を信じて、一緒に取り組んで行きたいと思っています

最後まで、読んでもらって、ありがとうございます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「掃除と動機付け」のシステムループ図

「片づけながら仕事をする」を聞いて気づいた掃除・片付けとPOP、売上の関係

一昨日は、店長さんとのお店の運営についての月1回の面談です その中で、店長さんの一言で気づいたこと

記事を読む

ビール工場見学2018の打合せです

ビール工場見学2018の第1回打合せです!

2016年8月に、たこ梅FUN倶楽部員さんと一緒に、アサヒビール吹田工場にいきました ※たこ梅FU

記事を読む

発送を待つニューズレター「たこ梅通信 2017年7月号」

ニューズレター「たこ梅通信 2017年7月号」の発送が始まりました!

いよいよ、始まりましたーーーーー!!! 3ヶ月ぶりに、、、 そう! アレが、、、 ニュー

記事を読む

セミナー後に小阪裕司先生と記念撮影 左から、和田さん、小阪先生、てっちゃん

小阪裕司先生のワクワク系マーケティング1dayセミナーに、スタッフさんと行ってきました!

この6月から、道頓堀にある たこ梅 本店の店長になってくれた和田店長といっしょに、小阪裕司先生のワク

記事を読む

ホンマに旨い『生』を極め隊の記念撮影

夏の部活「アサヒビール吹田工場見学」に たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!

今年で、3年目を向かえるアサヒビール吹田工場さんでの工場見学、、、 たこ梅FUN倶楽部の部員さんか

記事を読む

客席の壁にはってあった繁忙期のお店からのお願い

観光地の喫茶店のデメリットを伝えることでお客さまの「負の体験」を防ぐ貼り紙

この前、観光地の喫茶店に入りました 席に着くと、目に入ってきたものがあります それは、、、 「

記事を読む

道頓堀 たこ梅本店に桜が咲き始めたようです

道頓堀 たこ梅本店に桜が咲き始めたようです

早咲きの河津桜なんかは、もう、咲き誇っているようですが、ソメイヨシノはあと10日前後のようですね

記事を読む

ニューズレター「たこ梅通信4月号」の印刷がととのいました

お客さまへのお手紙「たこ梅通信4月号」の発送準備に大忙しです!!

はやいもので、3月も、あと数日ですね!! お店の仕事はもちろんなんですが、3月末は、お客さまへのお

記事を読む

佐藤先生、中野先生と、卒業の記念撮影をする松本さん

ランチェスター戦略をベースとした半年にわたる「あきない実践道場」を松本さん、見事に卒業です!

2017年8月から、ランチェスター戦略をベースとした「あきない実践道場」に、道頓堀にある たこ梅 本

記事を読む

今日も5個の酒札キーホルダー型部員証を作りました!!

たこ梅FUN倶楽部員さんへの酒札キーホルダーの特製部員証、続々制作中です!!

また、新たに酒札キーホルダーの特製部員証を作らせていただきました! この酒札部員証をカバンとかにぶ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑