*

「名刺交換キボンヌ」って、、、アリ?

公開日: お客さま関係性, たこ梅 東店

お酒を飲む場所って、いろいろありますよね
たこ梅も、お酒を提供しています
まぁ、170年以上前から、上燗屋ですから、、、

お酒を飲む場所の意味

よく考えたら、お酒って、どこで飲んでもいいですよね?

お酒は錫タンポで湯せんして燗つけ

お酒は錫タンポで湯せんして燗つけ

関東煮(かんとだき/おでん)食べながら飲んでもいいし、イタリアンでピザとワインもありだし、ビアガーデンでソーセージとビールもOKですよね
それどころか、コンビニでビールやお酒を買って、家で飲んでもいい、、、

そんな中、たこ梅で飲んでもらう意味ってなんなんやろ?

それを考えたとき、答えは、たこ梅の歴史の中にありました
たこ梅のお客さんは、三代、四代、五代、、、そんなお客さんが、結構、いてはります

お父さんが、お子さんを連れてきたり、紹介したり、「オヤジから、よう聞かされてたから、、、」って言いながら暖簾をくぐって下さるお客さんもいらっしゃいます

会社の先輩が後輩を、、、部長や課長が部下を、、、なんていうのも多いです

やっぱり、親しい人、大事な人を連れて行きたくなる店やったんやと思います

お店にいらっしゃった方はわかると思いますが、なんか、お客さん同士、店のスタッフさんと仲良くなりがちなのです(笑)
そんな、雰囲気がただよっているんです

まぁ、そんなんやから、お客さんも代々つながって、お店も170年以上あるんやろうと思います

「名刺交換キボンヌ」って、、、

そんなことをお店のスタッフさんと話す中で、「お客さんともっと仲良くなったらええんちゃうん?」ということになり、あるスタッフさんが、「名刺交換したらええと思う!」と言ったわけです

初めは、正直、そりゃ名刺交換できたらええけど、「酒飲みに来て、店のスタッフさんと名刺交換するか?」って、私自身、どうなんや???って感じでした

まぁ、それでも、やる!っていうんやから、やってみたらええわ!と思ってたんです

一応、会議の中で決まったので、どの店も取り組んでくれています
そして、先日、ホワイティうめだの東店に行ってみると、、、

ホワイティうめだ たこ梅 東店の店内に、、、キボンヌ?

ホワイティうめだ たこ梅 東店の店内に、、、キボンヌ?

なんか、みょーーーーな看板が店内に、、、
ちょっと、大きく(拡大)してみますね!

こんなんです!!

名刺交換キボンヌ!?

名刺交換キボンヌ!?

え゛ーーーーーーっ!!
「名刺交換キボンヌ」って、、、

たこ梅で一番若いスタッフさん(ちなみに19歳)が、書いてくれたお知らせボードです
いや、しかし、これ、「ええんですか????」と思って、おそるおそる「これ、やってみてどうなの?」って聞いてみました

そしたら、私の予想とまったくことなり、このボードを見て「キボンヌって?」って声をかけてもらったり、じっと見てるので「名刺交換しますか?」ってスタッフさんが声をかけたり、、、
そうすると、その場合、これまでのところ100%名刺交換できてるそうです

それどころか、特に年配のお客さんだと、「キボンヌ」の意味を聞いてから面白がって「その厚揚げキボンヌ!」とかって楽しんではるんだとか、、、

なんかわからんけど、「名刺交換キボンヌ」は、お客さんも楽しんではるんで、エエようです
「うそーーーっ!」とか「おもしろーーーー!」とかっておもったアナタ!!
ホワイティうめだの たこ梅 東店に立ち寄って、ぜひ、「名刺交換キボンヌ!」って店員さんに声をかけてね!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

ドラッカーと論語(安冨歩 著)

「ドラッカーと論語」(安冨歩 著)を読んで気づいた、経営する上で大切なこと

昨年の年末頃に読んでいて、この数年で私にとって一番面白いって思ったのが、「複雑さを生きる~やわらかな

記事を読む

お客さまの中のファン、サポーターの具体像を探索しています

11月の現場会議~お客さま分類「ファン」「サポーター」の違いについて~

先週、若手スタッフさん中心の「現場会議」をやってました たこ梅には、定例の月例会議には、店長会議と

記事を読む

食欲の秋!でもスタイルはキープしたい!梅田には、そんなアナタにぴったりのランチがあります!!

秋になると秋刀魚(さんま)、銀杏、松茸、栗、梨、、、そして、新米!! 秋になると美味しいものが、い

記事を読む

退職される方へのお花

スタッフさんが退職され、次のステップに進まれます!

年に数回、、、も最近はありませんが、1,2年に1回くらいは、別れがやってきます 先日も、おひとりの

記事を読む

たこ梅の想いと価値を伝わるメニューが、全店に、広がりました!

お品書き(メニュー)って、普通は、商品名と価格だけですよね でも、それでは、お客さまが、きっと喜ん

記事を読む

たこ梅通信の封筒の宛名印刷中です

たこ梅通信7月号の封筒宛名印刷始めました!!

3ヶ月に1回のペースで、制作しているものがあります それは、、、 たこ梅FUN倶楽部のバッ

記事を読む

「まっぷる」さんの取材です

まっぷるさんが、ホワイティうめだの「たこ梅 東店」へ大阪のガイドブック掲載の取材に来てくれました!

旅のガイドブックをいろいろ発行されている「まっぷる」さん! ホワイティうめだ(地下街)にある たこ

記事を読む

自己紹介シートを貼った店頭看板

自己紹介シートのアレンジ!現場の知恵はスゴイ!!

飲食店はそうでしょうし、小売店はもっとそうかもしれません! お客さまに上手にオススメしたい!!って

記事を読む

隊員さんへお渡しするアルバムが完成です

たこ梅 北店の「ホンマに旨い『酒』を知り隊」の隊員さんへの想い出と感謝の気持ちです!

2月は、一番寒い月ですが、お酒造りには欠かせない月です お酒には、冬の寒さが必要なんですね そん

記事を読む

上)たこ梅 東店の品書きのプリントアウト 下)スタッフさんが描いてくれた原画

今日は、印刷屋さんやってます!たこ梅 東店の品書き(メニュー)印刷です

私、普段、たこ梅の五代目店主やってます ときどき、会社組織名なもんで、有限会社 たこ梅 代表取締役

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑