*

~1月の現場会議~たこ梅から求人誌を創刊!?~~

この前、今年最初の たこ梅若手スタッフさん中心の会議である現場会議が開催されました
議題は、いくつかあったんですが、そのうちのひとつは、ちょっとブッ飛びました、、、

1月の現場会議が始まりました

1つめの議題は「顧客の旅デザインマップ」のどこにお客さまを配置するか

この日の議題のひとつめは、こんなんです
「顧客の旅デザインマップ」というお客さまのステージを配置して、喜んで頂く仕組みを構築していくツールがありますが、そこでは、新規客の地、リピーターの地、絆顧客(ファン)の地、応援者(サポーター)の地があります

注)顧客の旅デザインマップを開発されたワクワク系マーケティングの小阪裕司先生は、リピーター、絆顧客、応援者という言葉を使用されていますが、たこ梅では過去からの経緯で、リピーター、ファン、サポーターという言葉を使用しています

たこ梅の顧客データベース「大福帳」

たこ梅の顧客データベース「大福帳」

たこ梅の顧客データベース通称「大福帳」にも、いま、そのお客さまがどこの地なのかを記録するボタンがあります
ただ、このお客さま、リピーターの地だろうか? 絆顧客(ファン)の地だろうか?と迷うことがあります
それで、前々回の現場会議では、「こういうお客さまは、ここ!!」っていう事例集を作成しました

それから、お客さまを顧客の旅デザインマップの地に分類すると、「これは、どこや?」っていうのが、やっぱりでてきます
この日は、それらについて、どこの地が適当であるかを話ながら決めていきました

2つめの議題は「パートさんの採用をどのようにするか?」

2つめの議題は、おかげさまで、いろいろな取り組みもあって、お客さまが、少しずつですが増えてきています
そこで、よりお客さまに、きめの細かい接客・対応ができるようにホールのパートスタッフさんの増強を行おうと思っています
ただ、現在、世間は、いわゆる「超売り手市場」で、飲食業界は、激人材不足、、、_| ̄|○

1月の現場会議です

1月の現場会議です

そこで、自分たちが来て欲しいとイメージするホールパートさんに、たこ梅が選ばれるのは、何をどうするか?なんてーことを話し合います

まず、たこ梅で働いてくれているパートさんに、
・実際に働いていて、たこ梅のどういうところがいいって思う?
・どうして、たこ梅の求人に応募したの?
って聞いてみたことをシェアします

パートさんからは、こんな声をいただいています
・12月に入ったんですが、忙しくて「この店はムリやなぁ、、、」って思ったけど、社長さんが、ずっとついていてくれて、結局、最初の4,5日いてくれはったんですよね!「社長さん自らみてくれるってすごいわーーー」と思って辞めずにつづけることにしました
・ハローワークで求人広告見たときに「ここだけ違うわ!わかりやすいし、体験入店も出来るってかいてある!ここにしよ!」って決めて、ここだけに電話しました!

そして、どんな媒体があるかを書き出していきます
・店頭の貼り紙
・ブログ、FB
・ハローワーク
・求人誌
など、、、

たこ梅の求人誌を作っちゃうことにしました!

まぁ、これらは、やりますけど、ふつーやなーーーー、、、って思ったとき、東店の多比羅さんが、
「求人誌つくったらどうですか?」
ってつぶやきました

え゛?って思いましたが、話を聞いてみると、タウ○ワー○やジョ○アイ○ム風の体裁で、中身は、お店のことやスタッフさんのことと、求人情報を載せる!ってことです
これだったら、北店の求人でも、たこ梅求人誌を全店においておくことが出来ます
求人情報欄には、お店の場所や名前が書いてあるので、違う店で北店の求人情報を受け取っても、間違いませんからね

たこ梅の求人誌の誌面案を検討中

たこ梅の求人誌の誌面案を検討中

それど、お客さまで、「ええ人おるで!」って時も、この求人情報誌(モドキ)をその人に渡してもらえればOK!!
また、店頭に状差しのようなものをつくって、つっこでのけば、自由に持って行ってもらっていいし、、、

うん!これは、面白そう!!ってことで、どんな体裁がいいか、会議メンバーで、まず、思い思いにいろん求人情報誌面を作成してみます
マーケティングで言う、気軽にプロトタイピングです

このおかげで、イメージもつかめたので、早速、手分けして制作にとりかかることに、、、
予定では、2月には、たこ梅の求人誌(もどき)がお目見えします!!

それにしても、ますます、なんでもアリの会議になってきました!
楽しーですね!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「これからのリーダーシップ勉強会」後のふりかえりタイム

「これからのリーダーシップ勉強会 7月」は、5期の最終講です!!

昨年、9月から毎月1回、道頓堀にある たこ梅 本店の和田店長、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ

記事を読む

1月の現場会議です

1月の現場会議~ポストイットを活用すると情報が整理されます~

今年、最初の若手スタッフさん中心の現場会議をやりました 新年一発目の会議から、意見が活発にでます

記事を読む

12月の現場会議です

12月の現場会議~顧客進化の仕組みの大穴をふさぐ!~

先週、若手スタッフさん中心の12月の「現場会議」をやってました 各店から、1名ずつ代表のスタッフさ

記事を読む

12月の現場会議~店舗内ミーティングの必要性の「意味」とは?~

この前、現場のスタッフさん中心の会議である12月の「現場会議」をやってました 現場会議では、議題は

記事を読む

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50 が、会議スペースに登場!

毎月、店長会議、現場会議というのを たこ梅の事務所でやってます 12月の現場会議です[/ca

記事を読む

講師の野間先生と記念撮影です

視点を変えるだけでハローワークの求人票が見違えるように魅力的に!

今日は、快晴の大阪、堺筋本町にある大阪産業創造館(通称「産創館・さんそうかん」)さんに行ってきました

記事を読む

1月の店長会議です

2月の店長会議~人材の求人や採用は費用も含めて自店で管理していく~

先週は、2月の店長会議でした 各店の店長さん、または、店長さんのかわりにSA(スタッフアテンダント

記事を読む

社員さんの評価は、どこに立ってするのか?

おはようございます 昨日は、評価者会議でした たこ梅では、半年に一度、社員さんの評価を実施してい

記事を読む

面談の時間に話し合う和本店長と上原さん

会議で決まったことが実行されない?きっと、2つの理由があります!それを突破するには、、、

「○○をしよう!」と会議で決めます でも、それが、実行されてないとしたら、、、 なぜ、会議で決ま

記事を読む

ストック&フローを使って、顧客の旅デザインマップを眺めます

10月の店長会議は、なぜか、システム思考がちょくちょく登場です!

最近の店長会議、なんか、以前と違います 雰囲気が柔らかくなったように思うし、前から意見は結構出てい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑