*

新人スタッフさんのご家族にご挨拶を続ける理由

公開日: 面談・コーチング

たこ梅では、正社員さん、パートさん、アルバイトさんが、年に数人くらい入ってこられます
4,5年前から、スタッフさんのご家族にご挨拶するようになりました
正社員さんは、おうかがいして直接にお会いし、パートさん、アルバイトさんのご家族にはお手紙を書いています

スタッフさんが働けるのは家族の支えがあるから

以前から、会社さんによっては、新しい社員さんが入社される時には、ご両親やご家族に挨拶にわざわざ行く!っていうのをあちこちで聞いたことがあります
10年間サラーマンであった私は、正直、「そんなん、働くのは自分やし、親は関係ないやん!来られても迷惑や!」という気持ちを持っていました
そして、足かけ15年前になりますが、たこ梅を継ぐことになったときも、その気持ちに変わりはありません
継いだ当初、毎年、赤字を出し続けていた店を数年後には建て直し、その後も、順調に売上も利益も伸ばしていたときも、やっぱり、その気持ちはおなじでした(笑)
そして、平成20年8月のリーマンショック後から、いきなり売上が下がり始め、、、なんてもんじゃなく、どこまでも下がり続けたとき、ピーター・センゲの提唱する「学習する組織」という考え方に出会い、経営のやり方をまったく転換しました
その過程で、私が、こうやって安心して、思うように働けているのは、家族が応援してくれている、支えてくれているからなんだ、、、って実感しました

そうしたら、たこ梅のスタッフさんも同じだなぁ、、、
ご両親や兄弟、おじいちゃん、おばあちゃん、奥さん、ご主人、お子さんの応援や支えがあるから、たこ梅に来て、働いてはるんや!
それ以前に、おじいちゃん、おばあちゃん、ご両親がいてくれはったから、この人が たこ梅に来て出会うご縁ができたんや!
そんな当たり前のことに、気づいて、それが、肌で感じられるようになってしまったんです

スタッフさんのご家族に安心して欲しいから

私もそうでしたが、学生時代にアルバイトしたとき、学校を出て就職したときも、親には、簡単に説明しましたが、実際、事細かにこんなところで働いている、こんなことをしている、って話したことがありません
めんどくさいのもあったし、なんか、わかってくれてるやろ、、、っていう自分勝手な思い込みもあったせいなんでしょうね、、、
(もちろん、私のはヒドイ例なので、多くの方は、もっと、いろいろご家族と話されているかも知れませんけど、、、^^;;;)

もし、自分の息子や娘、ご主人やお子さんが働いている会社やお店が、
何のためにやっているのか?
どんな方向を向いているのか?
スタッフさんとどう関わろうとしているのか?

そんなことが、ご家族にしっかり伝わったら、
そのご家族に安心していただけるんじゃないだろうか?
自分の息子や娘、ご主人やお子さんが働くのを応援してくださるんじゃないだろうか?
そうしたら、スタッフさんも、もっと働きやすくなるんじゃないだろうか?

わたしは、そんな風に思ったんです

私はご家族にご挨拶に行きます

その時から、正社員さんが入社されると、ご家族にお会いして、お店のことや何のためにやっているだとか、そのために、飲食店ですが、こんな研修(POP講座やファシリテーション、ランチェスター戦略の研修など)を受けてもらいますが決して怪しくありません!(ていう方が怪しい?:笑)とか、私の考えや思いを伝え、ご家族からは、ご要望や気になることなどなんでもお尋ねいただきます

スタッフさんのご家族に会社のことを説明します

スタッフさんのご家族に会社のことを説明します

先日も、新梅田食道街にある たこ梅 分店に配属となったスタッフさんのご家族に、ご挨拶とお店のことなどをお伝えしました
毎回思うのですが、最初は、ぎこちない「初めまして、、、」の関係が、お話しが終わるころには、お互い笑顔であったり、一緒に大笑いしていたり、、、
これからも、スタッフさんとはもちろん、ご家族ともこんな関係を続けていこうと思います
今月、来月も、3人のスタッフさんのご家族に、ご挨拶に行って来ます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

別のスタッフさんとも盲点を話し合います

顧客進化の盲点をスタッフさんと順番にシェアしていきます!

この前、エライことに気づきました、、、 たこ梅で取り組んでいる顧客進化の仕組み、どえらい盲点があっ

記事を読む

地方からエントリーの方と、たこ梅初のZOOM面接です

地方からの求人エントリーの方と、ZOOM面接、大成功です!!

いま、たこ梅では、正社員さん、ホールのパートスタッフさん、洗い場のパートスタッフさん、仕込みのパート

記事を読む

コーチングのオリエンテーション資料です

コーチングは、オリエンテーションからスタートです!

今週、新たにスタッフさんとのコーチングがスタートしました! 最初は、コーチング!!しません、、、(

記事を読む

スタッフさんとの面談時に氷山モデルを使ったときのメモ

面談で「パターン」や「構造」の話が出るたび、システム思考の氷山モデルが登場します

毎月1回、お店のスタッフさんと面談やコーチングをします 最近は、ちょくちょく、その中で、氷山が登場

記事を読む

面談の時間に話し合う和本店長と上原さん

会議で決まったことが実行されない?きっと、2つの理由があります!それを突破するには、、、

「○○をしよう!」と会議で決めます でも、それが、実行されてないとしたら、、、 なぜ、会議で決ま

記事を読む

「ファシリテーションの本質とファシリテーターのあり方」で星野欣生先生と!

星野欣生先生のワークショップで気づいた「上手く行くOD(組織開発)と上手く行かないODの違い」

もう、1年以上前になりますが、「人間関係づくりトレーニング」など多数の著書があり、グループプロセスの

記事を読む

たこ梅 東店の岡店長と面談

「売上」は、いい!悪い!と見るのか?お客さまの行動として見るのか?

毎月、各店の店長さん、スタッフリーダーさんとは、月1回、1時間の面談をやっています 先週は、本店、

記事を読む

たこ梅分店の店舗面談です

8月の店舗面談~ふりかえり、意見交換するなかで顧客関係性創造の洞察が生まれました~

毎月、月の終わり頃に店舗面談というのをやってます 面談、、、とついてますが、いわゆる面談というより

記事を読む

たこ梅 本店の和田店長と行動探求です(5月)

5月もスタッフさんの行動探求(Action Inquiry)トレーニングです!!

3月、行動探求(Action Inquiry)入門セミナーを開催し、たこ梅の正社員さん16名に受講し

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅 北店の髙羽さんとコーチングです

コーチングで「共有メモ」を活用すると話が、より発展しやすくなります!

私がコーチングを学び始めたのが2012年のゴールデンウィークですから、もう、4年あまり前になります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑