*

ストームグラス「テンポドロップ」が、ホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」の副賞でやってきました!

公開日: つれづれに, 働く環境, 学習する組織

おはようございます

ちょっと、面白いものがやってきました!

ストームグラス「テンポドロップ」

ストームグラス「テンポドロップ」

ストームグラス「テンポドロップ」というガラスの中に透明の液体と何かの結晶がはいっているボトル(かな?)です
これがどういうものか?は、のちほど、説明したいと思いますが、まずは、なんで、これがやってきたのか?からお話しさせて下さい

第4回ホワイト企業大賞で特別賞「学習する組織経営賞」をいただきました

1月21日、第4回ホワイト企業大賞の発表があり、たこ梅は、そこで特別賞「学習する組織経営賞」をいただきました

ホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」を受賞です

ホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」を受賞です

平成20年のリーマンショック以降、売上が下がり続け、「どうしたらええんやろう、、、」と悩む中で、ピーター・センゲの学習する祖期という考え方に出会い「これやったら、百年後も、たこ梅はある!『学習する組織』を創ろう!」って平成22年4月に決めて、それ以来取り組んでいます
とはいえ、われわれ、ピーター・センゲの提唱する「学習する組織」である自覚はまったくなく、それどころか、8年たっても、「あかん、学習する組織には、ほど遠い、、、まだまだ、(学習する組織という山の)1合目にもたどり着いてない、、、」というのが正直な実感です

主催の天外伺朗さん、一緒に参加した多比羅さんと記念撮影

主催の天外伺朗さん、一緒に参加した多比羅さんと記念撮影

それにもかかわらず、「どうして、特別賞くれはったんやろう?」って不思議に思っていました
ただ、受賞から数日たって、今回いただいた「学習する組織経営賞」も、別段、うちが「学習する組織」であるとかどうかではなく、学習する組織にむかって進もうとしているということを評価いただいたのだと思えるようになってきました

この日の第4回ホワイト企業大賞のときのことは、コチラのブログに詳しく書いています
→ ホワイト企業大賞の特別賞「学習する組織経営賞」をいただきました!

これからも、一歩ずつ、うちのスタッフさんたちと共に歩んでいきますので、応援して下さいね!!(^o^)

ストームグラス「テンポドロップ」がやってきました!

で、そのホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」で、表彰状と一緒に副賞としてストームグラス「テンポドロップ」なるものをいただいたんです

第4回ホワイト企業大賞の特別賞「学習する組織経営賞」の賞状と副賞のテンポドロップ

第4回ホワイト企業大賞の特別賞「学習する組織経営賞」の賞状と副賞のテンポドロップ

テンポドロップ?
私も初めて聞く名前だし、初めて目にするものです

なんでも、19世紀のヨーロッパで使われた天気予報の道具で、化学物質(結晶)を化学薬液溶かしてガラス管に詰めたもので、溶液や沈殿の状態によって近未来の天気が分かるとされるものだそうです
昔の気象予測、天候予測の装置のようです

ウィキペディアで「ストームグラス」を調べてみると、、、

長さ 10 インチ・直径 3/4 インチ程度の試験管に入れ、針で細孔を開けた紙や革で封じて作る。ストームグラスの内容は、天気に応じて次のように変化する、といわれている。

・天気が晴れるなら、ガラス管内の固形分は完全に底に沈み、液体は澄みきる。
・雨に変わる前は、沈殿物の量が徐々に増え、星のような形のものが透明の溶液中を浮遊する。
・嵐やひどい風の前には、固形分の一部が溶液の表面まで達し、大きな葉のような形になる。溶液は濁り、発酵しているように見える。この現象は天気の変わる24時間前に見られる。
・冬、特に雪や霜のときには、管の高い位置まで沈殿物が積もる。内容物はとても白く、浮遊する点状のものが見られる。
・夏、とても天気がよく暑くなるときは、沈殿物は管の非常に低い位置までしか積もらない。
・風や嵐が接近してくるときは、接近してくる方向の反対側のガラス管の壁に沈殿ができる。

ストームグラスの内容が変化する原因ははっきりとしないが、大気の温度や湿度、気圧、大気電気学的な影響等によって、溶解度や結晶形状が変化するためと考えられている。

1870年に発表されたジュール・ベルヌの小説『海底二万里』に登場する潜水艦ノーチラス号にもストームグラスが設置されている。 (ウィキペディアの解説より一部抜粋)

このストームグラスをインテリア、オブジェとして作られた商品が、「テンポドロップ」なんだとか、、、

ストームグラス「テンポドロップ」

ストームグラス「テンポドロップ」

このテンポドロップが副賞となっているのは、ホワイト企業大賞の委員長である天外伺朗さんのメッセージが込められているのだと思います
それは、選出された企業や組織が、ホワイトではなく、グレー、ブラックなんかに行きかけたとき、ストームグラス「テンポドロップ」の結晶の様子が、「嵐の時の様相を表すかもね!普段からテンポドロップを眺めることで、意識して、ホワイト企業の道を進んで下さい」と、、、

一種の戒めと応援の気持ちなんだろうと思います

われわれも、いただいたストームグラス「テンポドロップ」を眺めながら、学習する組織への道を進んでいこうと思います!

ってことで、今日も、がんばりまーーーーーーーーす!!(^o^)v

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

直山さんと行動探求(Action Inquiry)のミニ講座スタートです!

ホールのパートスタッフさんへの行動探求ミニセミナーがスタート!

平成20年9月のリーマンショックをきっかけに、それまでのマーケティングではうまくいかない、、、 そ

記事を読む

2016年3月のシステム思考トレーニング実践編B

システム思考トレーニング実践編に行ってきました!

たこ梅が「学習する組織」創りに取り組む理由(わけ) お店が順調だった平成20年8月にリーマンショッ

記事を読む

たこ梅 分店のお店運営 月一面談です

お店の運営面談では、店長・スタッフさんが自ら気づき、発見して前に進んでいきます

やっぱり、お店の中では、スタッフさんとのコミュニケーション、、、だいじですよね それで、たこ梅では

記事を読む

土鍋でたきたての小豆がゆです

1月15日は小正月!小豆粥(あずきがゆ)をいただきます!!

先週、1月7日は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの春の七草の七草粥(

記事を読む

カツカレーそば&カレー丼を食すシンイチロー

カツカレーそば&カレー丼を食すシンイチローに迷い無し!!

この前、12月の現場会議をやってました たこ梅分店のSA(スタッフアテンダント)である上原さんも会

記事を読む

庭の手水鉢に氷が張ってます

大阪も今朝は氷点下-1.1℃ですが、青空が広がっています!たこ梅は、今日も元気に営業です!!

今朝は、冷えますねぇ~ なんでも、西日本全域の府県庁所在地では、すべて、氷点下を記録したそうです

記事を読む

お店用の新しい iPad mini4

お客さまデータベース「大福帳」活用のため、全店舗のiPad miniをiPad mini4に入れ替えます!

昨日のブログで、土曜日(2月4日)に、NAS(Network Attached Storage)を約

記事を読む

なぜ部下とうまくいかないのか(加藤洋平 著) なぜ人と部下は変われないのか(ロバート・キーガン著)

成人の発達理論を知りたい!「なぜ部下とうまくいかないのか」(加藤洋平 著)を読みました!

やっと、ロバート・キーガン、リサ・ラスコー・レイヒー 著の「なぜ人と組織は変われないのか」を読み終え

記事を読む

ストック&フローを使って、顧客の旅デザインマップを眺めます

10月の店長会議は、なぜか、システム思考がちょくちょく登場です!

最近の店長会議、なんか、以前と違います 雰囲気が柔らかくなったように思うし、前から意見は結構出てい

記事を読む

Natural Organizations Labの吉原史郎さん、吉原優子さんにホラクラシーの話をうかがっています

自然農法から学ぶティール組織開発を日本初のホラクラシー・ワン認定ファシリテーターの吉原史郎さんに話を聞いてきました!

先週、兵庫県伊丹市へ、自然農法とティール組織の話を聞きに行ってきました なんで、自然農法とティール

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑