*

ホールのパートスタッフさんへの行動探求ミニセミナーがスタート!

平成20年9月のリーマンショックをきっかけに、それまでのマーケティングではうまくいかない、、、
そんな風に思いました
ただ、どうしていいかもわからない、、、

いろいろ新たな手法や考え方を探し求めてきた出会ったのが、ピーター・M・センゲ博士が提唱する「学習する組織」という考え方です
これだったら、たこ梅は100年後もある!・・・そう、思いました

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

そして、この本を読んだ平成22年から、試行錯誤で、学習する組織の構築に取り組み始めました

行動探求(Action Inquiry)との出会い

昨年、学習する組織を実際に構築する最も早道である!と「学習する組織」の翻訳者でもある小田理一郎さんに紹介されたのが、行動探求(Action Inquiry)です

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

それで、昨年は、「行動探求(Action Inquiry)著者であるビル・トルバート博士の3日間のワークショップも開催され、私も参加してきました

なるほど!これは確かにいい!!と思ったもののどうやったら、うちのお店のスタッフさんたちにわかってもらえるか、、、
悩みました、、、

チェンジエージェントさんのオフィスに来ました

チェンジエージェントさんのオフィスに来ました
左から、てっちゃん、江口潤さん、小田理一郎さん

で、このワークショップを主催され、学習する組織、行動探求を翻訳された小田理一郎さんに相談に行ったんです
その中で、「じゃあ、たこ梅さんで行動探求の入門セミナーをやってみては?」って小田さんが提案して下さって、小田さんの会社チェンジ・エージェント社の江口さんと一緒に入門セミナーをつくって、今年の3月にその江口さんに大阪においで頂き、入門セミナーを開催しました

チェンジ・エージェント社の江口潤先生が行動探求を分かりやすく語ってくれています

チェンジ・エージェント社の江口潤先生が行動探求を分かりやすく語ってくれています

このときの対象者は、たこ梅の正社員さん全員でした

行動探求入門セミナーの様子は、こちらのブログを見て下さいね!
行動探求入門セミナー(前編)
行動探求入門セミナー(後編)

セミナー後も、参加した正社員さんの提案で、月一回、私が行動探求のコーチングをすることになり、全正社員さんと毎月行動探求をやっています

たこ梅 本店の和田店長と行動探求です(5月)

たこ梅 本店の和田店長と行動探求です(5月)

行動探求入門セミナーから半年たった10月からは、正社員さん同士で行動探求をおこなって、それを私とのコーチングの時間に各自がもってくるようになりました

こういう状況まで来たので、さらに、現場でつかえるようにしていこう!!となったんですが、このとき、正社員さんからごもっともな意見が、、、

「われわれは、なんか課題や怒りが生じたとき、相手(の正社員さん)に『そこにある前提は何ですか?』ってきけるし、聞かれた方も違和感はありません。でも、一緒に仕事しているホールのパートスタッフさんにいきなり、こう言うと『???』ってなると思います」
※注:行動探求では、実際に行動したことの意識・無意識の前提やメンタルモデル、意図、構造などにフォーカスします

なるほど、そのとおり!!
普段の会話で、「(今の行動や態度について)そこにある前提は何ですか?」なんていいませんよね、、、
わたしも、行動探求やるまで、言ったことありませんし、、、^^;;;

で、正社員さんから超もっともな意見について、どうしようか?ってみんな(←正社員さんと私)で考えました

そうして、正社員さんたちからいわれたのは、

「社長!ホールのパートさんと今も月1回面談してるじゃないですか、、、
その時間をつかって、行動探求を教えてあげてくれませんか?」

ってこと、、、

なるほど、、、現実的で的確な提案です
わたし、「うん、、、」というしかありません(笑)

それで、今月からスタートしました!!

ホールのパートスタッフさんと行動探求ミニセミナーがスタート!

パートさんに行動探求のミニセミナーをするといっても、もともと、入門編のセミナーも、1回5時間コースで前編、後編の2回にわけてやっています
それをエッセンだけのコンパクト版にしても、いつもやってる面談時間の30分では到底ムリ、、、
それで、そのパートスタッフさんの理解度や進度にあわせながら、3-5回(つまり月1回なので3ヶ月~5ヶ月)にかけてお伝えすることにしました

ミニセミナーで使う課題の映画のDVDをみていただきます
パートスタッフさんの中にはDVDプレイヤーがないとか故障しているって方がいらっしゃいました
それで、こんなのも用意!

DVD学習用に購入したポータブルDVDプレイヤー

DVD学習用に購入したポータブルDVDプレイヤー

ポータブルDVDを購入して、課題の映画のDVDと一緒に貸出しています

そして、行動探求の連続ミニセミナーが先週からスタート!!

直山さんと行動探求(Action Inquiry)のミニ講座スタートです!

直山さんと行動探求(Action Inquiry)のミニ講座スタートです!

トップバッターは、新梅田食道街 たこ梅 分店の直山さん(ナオちゃん)です

初回は、まずは、テキストを使って概要からはじめました
次回は、課題の映画を活用してのミニセミナーとなります

行動探求に興味をもってもらえる!普段の生活や仕事で使えることをわかってもらえる!
そんな風にミニセミナーを進めていこうと思います(^o^)v

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

あきない実践道場の卒業記念写真

半年間の「あきない実践道場」を葛原さん、髙羽さんが卒業です!

売上を上げたい! 儲けたい!! そんなことを思う人は多いと思います 10年以上前の私は、強烈に

記事を読む

スタッフさんとの面談時に氷山モデルを使ったときのメモ

面談で「パターン」や「構造」の話が出るたび、システム思考の氷山モデルが登場します

毎月1回、お店のスタッフさんと面談やコーチングをします 最近は、ちょくちょく、その中で、氷山が登場

記事を読む

店ごと取り組みについてまとめる

4年目を迎えた「POPで楽しく価値を伝える研修♪」です

昨日のブログで、「POPで楽しく価値を伝える研修♪」が4年目を迎えましたが、あきらかにスタッフさんた

記事を読む

英治出版さんの「組織は変われるか」(加藤雅則 著)モニターキャンペーンに当選!届きました!

「組織は変われるか」(加藤雅則 著)の新刊モニターに当選!、、、したので読みます

平成20年のリーマンショックで、いくら、自分たちが努力しても、がんばっていても、とんでもないことは勝

記事を読む

NVCオンライン基礎講座の第1講を受講中の松本さんと大西さん

たこ梅 本店 松本さん、東店 大西さんのNVCオンライン基礎講座がスタート!

仕事の時、「なんで、アイツあんなことすんねん、、、」「ジャマや!」って同僚の行動に怒ったり、「かなん

記事を読む

映画「県庁の星」と行動論理

パートスタッフさんと映画「県庁の星」を使って行動探求の行動論理について理解を深めてもらいます

平成20年のリーマンショックを機に、平成22年の4月に、何が起こっても、状況を嘆いたり、文句を言った

記事を読む

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)を購入しました!

今日は、2018年3月11日ですね 2011年3月11日の東日本大震災から、8年目を迎えます

記事を読む

「複雑さを生きる~やわらかな制御~」(安冨歩 著)

「複雑さを生きる~やわらかな制御~」(安冨歩 著)、この本、最近で一番面白かった!!

ひさしぶりです!読んでて、すごく面白い!!って感じる本に出会いました 冒頭の数ページを読んだ時点で

記事を読む

臨時休業させていただきます

本日(9/15)、研修のため臨時休業です!スタッフさんと一緒に勉強してきます!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年173年目の『

記事を読む

ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世

「ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世」って、知ってます?

7月19日から昨日、7月21日まで、2泊3日で、長野県白馬村の五龍館さんへ、たこ梅の研修旅行でした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑