*

本日発売の週刊朝日に、開高健の愛した店として、たこ梅 本店が掲載されています!

朝から、コンビニ行ってきました!

週刊朝日の今週号の巻頭グラビアに、たこ梅が載っています

週刊朝日の今週号の巻頭グラビアに、たこ梅が載っています

今日(10/20)発売の週刊朝日に、道頓堀にある たこ梅本店が載っているからです

週刊朝日10月20日発売号に、たこ梅本店が掲載!

作家が愛した店として、特集を組まれるそうで、先日、道頓堀にあるたこ梅本店に取材においでになりました

週刊朝日さんが、取材に来て下さいました

週刊朝日さんが、取材に来て下さいました

その時の写真と記事が、今日の週刊朝日に載っています
今週号は、「文豪の愛した一皿」というテーマで、巻頭グラビア特集が組まれています

今週号の週刊朝日さんの巻頭グラビアは、「文豪の愛した一皿」特集です

今週号の週刊朝日さんの巻頭グラビアは、「文豪の愛した一皿」特集です

そこでは、五人の作家さんとそれぞれが愛したお店、一皿が写真と共に紹介されています
その五人には、志賀直哉さん、川端康成さん、織田作之助さん、池波正太郎さん、そして、開高健さんです

その中で、道頓堀にある たこ梅 本店は、開高健さんが愛してお店として紹介いただいています
ちなみに、織田作之助さんと池波正太郎さんも、たこ梅のお客さま、、、
その作品やエッセイに、たこ梅が登場するので、お目にかかったことがなくてもわかるんです
文章で残っている、本として残っているって、お店の歴史やお会いしたことのない方との繋がりがわかって、とてもありがたいです

ところで、開高さんは、お爺さまの代からのお客さまです
親子、孫(開高健さん)、そして、お嬢さまの開高道子さんもお客さま
あ、もちろん、開高健さんの奥さまである牧洋子さんもお客さまですよ

開高さんところのように三代、四代と、親から子、子から孫へとお客さまが続いてきたからこそ、たこ梅は170年以上、道頓堀の地で、ずっとお店をやってこられているのだと思います
そういえば、先代(四代目)が、私が小学生頃から、よく「おい、テツ!うちの店はな、、、お父さんがお子さん連れて来はる!そのお子さんが大きゅうなったら、また、そのお子さん連れて来はる!そやから、うちは、百年以上つづいとんや!!」って、今でも、その声が響くくらい何度も言ってました
(「テツ!」というのは、私が哲生なので、先代からは、テツと呼ばれていました/てっちゃん注釈)

こうやって、週刊朝日さんを始め、いろいろな雑誌や新聞、テレビなどに取材においでいただけるのも、お客さまが、親から子、子から孫へと代々つながっている、、、
そうして、そのおかげで、お店も170年以上つづいているのだ、と取材のたび、親子でお店に通われるお客さまにお会いする度に感じます
本当に、ありがたいこと、幸せなことですね

開高健さんの「鯨の舌」「新しい天体」に、たこ梅本店が数ページにわたって書かれています

ところで、開高健さんですが、たこ梅での一番のお気に入りは、ヒゲ鯨の舌である「さえずり®」です
どれくらいお好きかというと、そのあたりが、開高さんの小説やエッセイに何度も登場します
中でも、圧巻なのが「鯨の舌」という、そのものずばりのエッセイです

開高健さんのエッセイ「鯨の舌」と小説「新しい天体」です

開高健さんのエッセイ「鯨の舌」と小説「新しい天体」です

その一節をご紹介しますね

「しかしサエズリもひとつだけの味ではない。舌の表面、中層、根に近いところと、一枚の舌でも部分によってずいぶんいろいろなちがいがあるものだと、食べているうちにわかってくる。香ばしいところ。歯切れのよいところ。クニャクニャと噛み切りにくいところ。脂のあるところ。筋のあるところ。ないところ。それぞれのコマ切れをほどよくまぜて一本の串にさすのである。よく煮られてダシのしみこんだサエズリの味を文字に変えるのはたいそうむつかしく、ほとんど不可能を感じさせられる-すべての“味”や“香り”がそうであるが-。奇味。怪味。魔味。珍味。いろいろと風変わりでしかもうまいものを表現する言葉をまさぐりたいが、子供のときから鯨をいろいろな料理で食べ慣れてきた私には珍しさよりも親密さがあって、もし一串のなかで香ばしくて淡泊な脂のあるコマ切れに出会うと、滋味、潤味という言葉を選びたくなるのである。マ。論より証拠である。大阪へ行ったら一度お立ち寄り下さい。」(エッセイ「鯨の舌」より抜粋)

と味の表現がほとんど不可能なんて、文筆家人生を否定するくらいサエズリをお好きなのが伝わって来ます(笑)

それ以前に、さえずり®が好きすぎて、わざわざ、この「鯨の舌」というエッセイを書かれたようですから、、、^^;;;

鯨の舌の関東煮(かんとだき/おでん)「さえずり®」はコレです!

その関東煮(かんとだき/おでん)の「さえずり®」ですが、こんなシロモノです!

これが、「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)です

これが、「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)です

もともとは、真っ白なものですが、これを170年以上、毎日、つぎ足しつぎ足ししてきたダシで、下だき、本だきとたきこんでいくと、こんな風なキツネ色で味が染みた「さえずり®」となります

その味わいですが、チューインガムのようにクッチャクッチャしてもかみ切れないとか、開高健さんじゃありませんが、私も、他にチョットこういう味わいはしりませんので、上手く表現できませんが、味は旨いのは間違いありません!(笑)
というか、私が、いちばん好きな関東煮(かんとだき/おでん)なんです

さぁ、今日も、この「さえずり®」をいっぱい仕込んで、お客さまをお待ちしないと!!
そうそう、本屋さんで、週刊朝日の10月20日発売号を見かけたら、とりあえず、巻頭の数ページをめくってみて下さいね!
今回の取材記事が載ってますから!!(^o^)/

それから、「さえずり®食べてみたい!」と思ったら、たこ梅のお店の暖簾をくぐって下さいね
参考までに、お店の営業時間や地図をご紹介しておきます
たこ梅のお店についてはコチラをクリック!

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

道頓堀 たこ梅本店の店の前にある看板、リニューアルされました!

2つの研修の合わせ技!?道頓堀 たこ梅本店の店頭看板がリニューアルです!

年に数回、全店、お休みをいただいて社員さんの研修をやってます 7月の研修では、お客さまの不便や不快

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「カマンベール」です

店主の知らない関東煮・おでん!発展途上「カマンベール」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「男の隠れ家」2017年2月号

「男の隠れ家」2月号に、道頓堀 たこ梅本店が掲載されましたよ!

「自分の時間を大切にする大人たちへ。」向けた雑誌に『男の隠れ家』がっていうのがあります 趣味や時間

記事を読む

新調した提灯です

お店の提灯が、新しくなりましたよ!!独特の油のいい香りがします!

たこ梅の店頭には、関東煮と書かれた赤い提灯が掲げられています 最近は、ビニル製が多いのですが、たこ

記事を読む

ニュースリアルさん「のれんの向こう側」の取材を受けています

明日11/18のテレビ大阪「ニュースリアル~のれんの向こう側~」に道頓堀のたこ梅本店が登場します!

一昨日、昨日と、テレビ大阪さんが、2日連続で取材にお見えになりました え゛? なんの取材かって?

記事を読む

鯛の塩焼き

明けまして、おめでとうございます!元日は、恒例の、、、

明けまして、おめでとうございます 本年も、よろしく、お願い申し上げます 平成30年(2018

記事を読む

「花の慶司」の真田幸村からのお便りです(ホンマかいな、、、^^;;;)

道頓堀の たこ梅 本店にも「真田丸」が出現!!また、六文銭がぁ~!!

JR大阪駅の高架下にある たこ梅 北店と分店では、ときどき、店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん

記事を読む

8月19日にワンデー「角打」やります!

道頓堀 たこ梅 本店で172年で初の「角打」(立呑み)を1日限定でやっちゃいます!

お酒の楽しみ方はいろいろあるし、楽しむ場所もたくさんあります 居酒屋さんだったり、バーたったり、飲

記事を読む

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」2017年3月号

あまから手帖「100年続いてほしい酒場遺産特集」2017年3月号で、道頓堀 たこ梅本店を取り上げていただきました!

今、発売中の関西の食文化を発信する月刊誌「あまから手帖」2017年3月号は、「100年続いてほしい酒

記事を読む

分店でも隊員さん同士が仲良く飲んではります

ビール工場見学が終わって、店に戻ってみると、、、

8月27日(土)に、お客さまと一緒にビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑