*

道頓堀のたこ梅本店、「予約が満席でも入れることあるってホント?」ハイ、そうなんです!その理由は、、、

公開日: たこ梅 本店

昨日の夕方も、お客さまから、予約の電話をいただきました
ただ、残念ながら予約をお受けすることが出来ませんでした

席が空いていても、予約をお受けできない理由

道頓堀にある たこ梅 本店では、ご予約の電話をいただくと、基本的には、予約をお受けしています
(梅田の北店、分店、東店は、予約は承っておりません)

道頓堀のたこ梅本店は予約ができます

道頓堀のたこ梅本店は予約ができます

ただ、空いているお席があっても、ご予約をお受けしない場合があります
元来、たこ梅では、予約はお受けしていませんでした
というのも、上かん屋®というスタイルのお店で、基本、ふらっと暖簾をくぐっていただいて、たこ甘露煮で、まず、お酒を一杯、、、
そして、関東煮(かんとだき/おでん)をみつくろって、味わいながら、二杯目、三杯目、、、
そんな感じのお店です
ですので、予約して、、、という感じの店ではありませんし、予約でいっぱいになると、普段おいでになる常連さま、それこそ、ふらっとお立ち寄りいただくお馴染みさまがお座りになる場所がなくなってしまいます
ただ、昨今では、遠くからおいで下さるお客さまや、道頓堀の本店で、たこ甘露煮、関東煮(かんとだき/おでん)を食べる!燗酒を飲む!ことを楽しみしてわざわざ時間をつくって来て下さるお客さまも大勢いらっしゃいます
それで、ご予約を承ることにしました

普段使いのお客さまのために、カウンターの半分は予約を取らずに空けています

そうなると、これまでの普段使いの常連さま、ふらっと立ち寄られるお馴染みさまの席がなくなってしまう、、、
永らくご愛顧いただいているお客さまも大事にしたい!
そんな思いで、昔ながらのタコとよばれるコの字型カウンターの半分くらいは、予約をとらずに空けておくことにしています

予約は満席!でも、お店に入っていただけることも多々あります!

ですので、予約は満席だった日、予約したかったけど取れなかった日、もし、お近くでしたら、通りすがりにチョイとお店をのぞいていただくと、存外、席が2つ、3つくらい空いていてお座りになれることも、まま、あります
あるいは、電話で空き状況をご確認いただいておいでいただくこともできます
そのとき、お近く(徒歩5分以内くらい)でしたら、席を押さえておくことも出来る場合がありますので、気軽に電話をいただければと思います

これからも、より多くのお客さまに、少しでも快適に、より楽しく、たこ梅での時間を過ごしていただけるように頑張って参ります

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

コロをたべて、その甘みと旨みにビックリされるリポーターさん!

道頓堀 たこ梅本店が、おはようコールABCの「おきトク」コーナーでオンエアです!

先日、朝日放送の早朝のニュース情報番組「おはようコールABC」さんが、道頓堀にある たこ梅 本店に関

記事を読む

吉田健一さんの「私の食物誌」「舌鼓ところどころ」とその両者をあわせた没後40年記念の文庫本

中央公論新社さんから「舌鼓ところどころ/私の食物誌」(吉田健一 著)の文庫本をいただきました!

この前、中央公論新社さんから郵便物が届きました 「何が、来たんやろ?」って思って開けてみると、、、

記事を読む

テレビ大阪「ニュースリアル」さんのオデンの取材

テレビ大阪「ニュースリアル」さんが、道頓堀の たこ梅 本店に取材に来てくれました!

やっと、冬らしくなってきましたね 寒くなってくると、新聞や雑誌、テレビの取材が増えてきます 商っ

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「手羽先」

道頓堀 たこ梅 本店で、店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)が日替わりで登場!?

道頓堀にある たこ梅 本店は、今年がリニューアル10周年にあたります(創業だと174年目です)

記事を読む

新調した提灯です

お店の提灯が、新しくなりましたよ!!独特の油のいい香りがします!

たこ梅の店頭には、関東煮と書かれた赤い提灯が掲げられています 最近は、ビニル製が多いのですが、たこ

記事を読む

たこ梅 分店のお店運営 月一面談です

お店の運営面談では、店長・スタッフさんが自ら気づき、発見して前に進んでいきます

やっぱり、お店の中では、スタッフさんとのコミュニケーション、、、だいじですよね それで、たこ梅では

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「カマンベール」です

店主の知らない関東煮・おでん!発展途上「カマンベール」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

たこ梅で一緒に働いてお客さまに選ばれる楽しい店をつくってね!

お客さまにもっと喜んでいただけるようになるためパートさんを新規募集します!

「お客さまに喜んでいただき続ける!そして、結果、お店が、お客さまから選ばれる!!」ということに、たこ

記事を読む

1問正解毎に「うまい棒」をもらって笑顔です

お客さまと行く!ビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました!!(後編)

昨年に続いて、今年もお客さまとビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました 昨日

記事を読む

道頓堀 たこ梅本店で、Booking.comさんの取材です

世界一のホテル予約サイトBooking.comさんが、道頓堀 たこ梅 本店を取材です!

ホテルの予約って、どうしてます? 直接でんわ? じゃらんや楽天、JTBさんとかのサイトからネット

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑