*

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールを受講します

会社やお店の成長を願う経営者は多いでしょうし、同じく、そういう思いの社員さんもたくさんいらっしゃると思います
で、どうするか?

そもそも、会社やお店の成長っていうのが、いろんな捉えられ方をしています
例えば、店舗数や売上などの規模を拡大するとか、上場をするとか、、、

どれもいいと思いますが、私が考える「たこ梅」というお店の成長は、人の成長とおなじく、いろんな出来事をより高い目線、広い目線でとらえて対応、さらには、そこを創造のチャンスとしていく!、、、そんな、イメージです

学習する組織と発達理論

平成20年にリーマンショックがありましたが、たこ梅は、それまでは、わりと順調でした
しかし、リーマンショック後は、売上が下がり続けます、、、
「どうなってんねんやろう?どうしたらええんや、、、」という中で、出会ったのが、ピーター・センゲ博士の提唱する『学習する組織』という考え方です

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

この『学習する組織』になったとしたら、リーマンショックや地震(当時の私にとっては神戸の地震がショックな体験でした)、新型インフルエンザなんかがあっても、たこ梅は、きっと、百年後もある!
そう、確信しました
それで、平成22年4月から、学習する組織を目指すことになります

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

その中で、学習する組織を構築する具体的な方法論として、成人の発達理論の大家であるビル・トルバート博士の行動探求(Action Inquiry)を知り、今年の3月からスタッフさんとともに取り組んでいます

行動探求をやる現場での意味について語る江口さん

行動探求をやる現場での意味について語る江口さん

学習する組織を創るため行動探求を学び始めたのですが、この頃から、だんだんと個人の発達、組織の発達、そして、学習する組織というものの関係について考えるようになってきました

ビル・トルバート博士の行動探求ワークショップの話はこちらのブログ記事をご覧下さい
→ ビル・トルバート博士の行動探求(Action Inquiry)ワークショップに行って来ました!

スタッフさんとの行動探求入門セミナーのことじはこちらのブログ記事をご覧下さい
行動探求入門セミナー(前編)
行動探求入門セミナー(後編)

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナール

こんな風に、今、成人の発達理論に関心があって、本を読む程度ですが、少しずつ学んでいます
それで、先月発売になった「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)も、発売と同時に購入して読みました

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)

能力、スキルとは、そもそも何なのか?どうやって伸ばせばいいのか?各スキル間の関係はどうなっているのか?などが書かれていて、社員さんやスタッフさんの成長をサポートしようと思っている人にとっては、必須の本ではないかと思います
私も、たこ梅のスタッフさんの能力やスキルの成長をサポートしたいと思っていて、この本で、そのヒントがたくさん見つかりましたから、、、

この本の事は、先日、ブログに書いたのでよかったらご覧下さいね
「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)は、組織の発達には必須の本だと思います

実は、この本の著者である加藤洋平さんが、本の出版を記念して、『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールを開講される事を知りました

7月から9月にかけて、全6回のオンラインでのゼミナールです

いま、たこ梅では、ビル・トルバート博士の行動探求(Action Inquiry)という、個々の能力やスキルと言うよりも、その人の「器」そのものを広げる発達に主眼をおいた取り組みをやっています
この「成人発達理論による能力の成長」を読んで、器の発達と能力・スキルの発達というものをわけて考えることを知りました

その上で、私の中では、器が広がる(発達する)とそれまで保有している能力やスキルの意味や位置づけが変わって、より大きな力を発揮するように思っています
また、能力やスキルが発達すると、これが、器の発達にも影響するようにも思います
ただ、実際どうなのか?ということがわかりませんので、概念的、そして、実務レベルでどうなのかをこのオンラインゼミナールで探求していきたいと思って参加する事にしました

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールの事前課題

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールの事前課題

来週から9月まで、『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールにどっぷりつかって、能力の成長について学び、同時に、それが器の発達とどういう関係があるのか?どういう影響をもつのか?を探求してきますね!!
そして、それをたこ梅のスタッフさんの成長のサポートに役立てていきます(^^)v

その前に、早速、宿題(事前課題)がでているので、こいつに取り組みます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

評価の項目と評価シート

ホールのパートスタッフさんの評価者会議です!目的は「成長」です

半年ごとにスタッフさんの人事評価を行います この前、正社員さんの人事評価を決めるために評価者会議を

記事を読む

STANDING IN THE FIRE テキスト と「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの「流儀」に行ってきました

月1回、店長さんが集まる店長会議、若手スタッフさんの現場会議をやってます たこ梅の会議では、参加メ

記事を読む

チームの成果をあげる要因に気づく体験学習のワーク

これからのリーダシップ勉強会~チームの成果をあげる要因に気づく体験学習~

昨年の9月から、毎月、道頓堀にある たこ梅本店の和田さん、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅東

記事を読む

会議のオヤツは「とうふドーナツ」

2月の店長会議~会議での役割が変わってきたようです~

先週、2月の店長会議がありました その中で感じたのは、私の役割が変わってきたことです 店長会議で

記事を読む

顧客の旅をストック&フローで説明する紙芝居

顧客の旅をストック&フローでスタッフさんに説明する紙芝居を作成しました!

お客さまの進化っていうのか、見込み客さんが、新規客さんに、そして、常連さんに、、、ってありますよね

記事を読む

マンガでやさしくわかる部下の育て方(中原 淳 著)

「マンガでやさしくわかる部下の育て方」(中原 淳 著)をたこ梅文庫に追加です!!

難波にある事務所の書架には、500-600くらいの本が並んでいます 「たこ梅文庫」の書架です

記事を読む

和本店長もNVC基礎コースを受講中!

和本店長、事務所スタッフさんもNVCのオンライン基礎講座受講です!

4月から、5回の連続オンライン講座で、道頓堀にある たこ梅 本店の和田店長、安藤さんが、NVC(No

記事を読む

まとめ買いしたアーノルド・ミンデルの本12冊

宣言!アーノルド・ミンデルの12冊の本を5月2日までに読破します!その理由はというと、、、

昨年のお正月に、積ん読になっていた塩野七生さんの「ローマ人の物語 全15巻」をその年中に読む!とブロ

記事を読む

スタッフさんの話を聴きながらアドバイスする松野先生

松野恵介先生の「楽しく価値を伝える研修♪」4年目を開催しました!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)のタネは、ほとんどが自家製です このタネを仕込んでいる仕込み場

記事を読む

店ごと取り組みについてまとめる

4年目を迎えた「POPで楽しく価値を伝える研修♪」です

昨日のブログで、「POPで楽しく価値を伝える研修♪」が4年目を迎えましたが、あきらかにスタッフさんた

記事を読む

Comment

  1. 根来清太郎 より:

    スマホをなくしましたので、addを変えました。9月の岸和田地車祭りの後に本店に10人で行きます。みんな楽しみにしてます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑