*

今年も、古城梅(ごじろうめ)で、梅酒をつけましたよ!あ、来年用ね!!

公開日: 酒・ビール・飲み物

今、たこ梅では、夏だけの飲み物があります

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

それは、自家製の梅酒です

自家製、、、ってことは、自分たちで梅酒をつける!ってことなんです(当たり前ですが、、、)

だから、今年も、そんな時期がやってきました!!

今年も「古城梅(ごじろうめ)」で梅酒をつけます

大阪が梅雨に入るか入らないかの6月上旬、ちょうど、ええ感じに青梅がでてきます
この数年、梅酒に使ってる梅は、和歌山県産の古城梅という大粒の梅です

古城梅、、、「こじょううめ」じゃなくて「ごじろうめ」って読みます

これが、ことしの古城梅です

今年つける梅酒用の和歌山県産の古城(ごじろ)梅

今年つける梅酒用の和歌山県産の古城(ごじろ)梅

ちなみに、どうして「古城梅(ごじろうめ)」という名前になったかというと、、、
なんでも、大正時代後期、田辺市長野の那須政右ヱ門氏が、他所より譲り受けた穂木を接ぎ木した中から生まれた品種だそうで、その那須氏の屋号が「古城(ごじろ)」だったので、そこから古城梅(ごじろうめ)と名付けられたそうです

この古城梅、梅酒をつけるのには、すごくいい梅です!
その理由は、、、

【梅酒に「古城梅(ごじろうめ)」を使う理由】
・大粒なのに種の部分が小さいため果肉が分厚くなり、果汁がたっぷり
・無毛タイプでキレイに洗いやすい
(梅の実には表面にウブ毛があるタイプとないタイプがあります)
・完全な青梅でみためもきれい

自家製梅酒を梅酒造りが始まりました!

さて、今年も、梅酒造りがはじまりました!
まずは、、、

梅酒の瓶が出番待ち!!

梅酒の瓶が出番待ち!!

梅酒をつけるための「瓶(びん)」の準備です
昨年つけて1年間床下で寝かした梅酒は、すべて、4合くらいの瓶に移します
そして、空いた空瓶をきれいに洗浄してかわかす

ここ、きちっとやっておかないと梅酒にカビが生える原因にもなります

今年つける梅酒用の和歌山県産の古城(ごじろ)梅

今年つける梅酒用の和歌山県産の古城(ごじろ)梅

そうして、梅をひとつひとつへたの部分を楊枝でとりのぞき掃除します
この辺の手間がたいへん、、、なんですが、手間を惜しむとおいしい梅酒にならない、、、
梅のみを水洗いして十分に水気を切る!

そうして、来年用の梅酒をつけていきます

ここで、もう一個手間がかかることがあります
通常、梅酒には氷砂糖をつかいますよね?

たこ梅でも、氷砂糖をつかっています
ただ、ひと瓶にいれる氷砂糖を2回にわけていれていきます

だいたい、年によって異なりますが、最初に氷砂糖をいれてから、2週間から1ヶ月の間をあけて2回目の氷砂糖をいれます
そうすることで、砂糖の濃度上昇がゆっくりとなり、つけ梅がシワシワにならずプックリとなります

梅酒なので、つけ梅がプックリでもシワシワでもいいような気もしますが、、、
わたし、子どもの頃から、梅酒の梅のみを食べるのが大好き!!なんです
だから、梅酒の梅の実は、ぷっくりであってほしいのです

だもんで、手間がかかって、1瓶10kg前後ある瓶を2回目の氷砂糖をいれるためだけに床下から取り出して、また、床下に戻す
面倒でも、そうやってます

でもね!
そうすると、、、

錫の焼酎コップにいれた自家製梅酒と梅の実

錫の焼酎コップにいれた自家製梅酒と梅の実

こんな風に、ぷっくりとした梅の実となります
お店では、ご希望いただければ、1杯にひとつ梅のみをいれてます
(これ、サービスなので、梅のみの料金はいただいてませんよ)

通常の梅酒のつけ方より、多めの梅のみをつかってるので、なくなることはまずないと思いますが、万一、梅の実がなかったら、そん時は、、、、、ゴメンナサイ!!<(._.)>

さて、今年つけた梅酒は、来年まで夏すずしく、冬も冷たすぎない床下で、じっくり熟成されます、、、(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

アサヒビール吹田工場にお邪魔してます

夏の部活、ビール工場見学の打合せにアサヒビール吹田工場へ行ってきました!

今年は、9月9日に、恒例の夏の部活「ビール工場見学」をやります!! たこ梅FUN倶楽部員さんと一緒

記事を読む

オススメする松っちゃんPOPにズームイン!!

酒蔵でしか飲めない「しぼりたて原酒」が、たこ梅に登場!松っちゃんが渾身のオススメしてくれてます!!

お酒って、いろいろあります 純米や吟醸などもあれば、ひやおろしのようにその季節だけのお酒もあります

記事を読む

秋口だけの酒「樽出し ひやおろし 純米」

秋口だけの酒「樽出し ひやおろし 純米」期間限定で始まりました!2週間あるかなぁ、、、^^;;;

9月に入って、大阪も、急に涼しくなってきました ほんと、秋なんですねぇ、、、 で、秋っていう

記事を読む

秋の酒「特別純米山田錦100%『ひやおろし』」

冬に搾って夏は蔵で熟成した秋の酒「特別純米山田錦100%『ひやおろし』」が届きました!

清酒(日本酒)って、純米、吟醸、大吟醸、本醸造、、、など、いろいろな「つくり」(醸造)による種類があ

記事を読む

どっかでみたなぁ~?っていうたこ梅分店の店内POP

なんか違うけど、なんか見たことあるフレーズやねんなぁ、、、あ、梅酒のアレか、、、

新梅田食道街に たこ梅分店があります 面談やコーチング、打合せで、営業が始まる前によくお店に行きま

記事を読む

「うーーん、搾りたて美味しい!」と笑顔に

冬の部活「酒蔵見学」、いや、「ホンマに旨い『酒』捜査班」の活動に、たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!(前編)

今年も行ってきました! たこ梅FUN倶楽部の部員さんたちと、西宮にある白鹿さんへ酒蔵見学へ

記事を読む

アサヒビールさん、たこ梅スタッフが集まっての全体ミーティングがスタート!

夏の部活「ビール工場見学」オールスタッフミーティング!です

この夏で、はや3回目となる夏の部活!「ビール工場見学」が近づいてきました 2週間ほど前、アサヒビー

記事を読む

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

床下で1年寝かせた自家製梅酒が、今年も始まりましたよ!だいたい、毎年、2,3ヶ月で売切れのようです

毎年、6月から、2,3ヶ月だけの飲み物があります べつに、もったいつけてるわけじゃなくて、売り切れ

記事を読む

桃組組長がネクターへの懐かしい想い出を綴ったアルバム

ネクター酎ハイ!桃組!絶好調です!!

桃組って、ご存じですか? 今、大阪の新梅田食道街 たこ梅 分店で流行ってるんですが、、、 ボクが

記事を読む

2種類の入れ方入れたビール 左)正しく入れたビール 右)ジャーと入れたビール

エンジェルリングの生ビールの秘密!それは「スモーキーバブル」にあった、、、

ホンマに旨い生ビールには、エンジェルリングができる!! エンジェルリングの出来たビール[/c

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑