*

大手スーパーのオーガニック商品棚縮小で気づいた「思い込み」「意識・無意識の前提」

公開日: お客さま関係性

1年くらい前にできた大手スーパーのショッピングモールに、奥さんのお供で買い物にいきました
そこで気づいたことがあったんです
それは、、、

オーガニックの棚が半減

スーパー部門にいって、食料品を買っていました
奥さんが、オーガニックのシリアルを買いたいというので、一緒にそのコーナーへ、、、

大手スーパーのオーガニックの棚

大手スーパーのオーガニックの棚

私は、普段、ここで買い物をしないし、どこに何があるかも意識がうすいので、気づかなかったんですが、奥さんによると、、、

「オーガニックの棚が、半分になってる!!」

おそらく、オーガニックの商品があまり売れないので、棚が減らされたのでしょう
ちなみに、探していたオーガニックシリアルは、なくなっていました
いわゆる「棚落ち」なんでしょう

POS管理の効果と限界

このとき、あらためて気づいた、、、というか実感したことがあります

まわりを見回すとたくさんのお客さんです
きっと、売上もすごいんだろうと思います
(もっとも、スーパーさんの目標に対して、どうなのかは、私にはわかりませんが、、、)

もちろん、大手スーパーさんなので、徹底したPOS管理がされているはず
だから、売れない商品は棚落ちし、売れている商品は、フェースが増えたり、バリエーションを増やしたりされているのだと思います

うちの奥さんが欲しかった商品群であるオーガニックは、イマイチだったのでしょうね
それで、フェースが半減されていた、、、

これって、お客さんのリアルなニーズに基づいているので、とっても、効果的だと思います
ただ、同時に、あくまで、顕在ニーズに対して、効果的であると思います

お客さんの潜在ニーズ、つまり、まだ、気づいていない!意識すらしていない!顕在化されていないニーズには、POPシステムは、全く答えることが出来ません
これが、POS管理の限界なんでしょうね

POS管理が生み出す「思い込み」「意識・無意識の前提」

とはいえ、これは、POS管理の限界、、、というより、「POSがあれば、販売を最大化できる!効率化できる!」という『思い込み』『意識・無意識の前提』が生まれているのです

実際のところ、POSは、とっても有効なツールです
ただ、すでに生じた「結果」を示しているだけであることを認識して、どうありたいか!どうなっていきたいか!!を指し示すものではなく、当然、そこに立って考えられるツールではないことを分かって使えばいいのだろうと思います (^o^)

POSが悪いわけじゃなく、人が、「POSがあれば、販売を最大化できる!効率化できる!」と思い込み、POSの可能性を制限しているとも言えます
確かにPOSは、どうありたいか!どうなっていきたいか!を指し示しはしませんが、どうありたいか!どうなっていきたいか!を目指して取った行動が望ましい結果を生み出しているかどうかは、POSを見れば的確にわかります
そして、うまくいってなければ、行動を修正していく!という指標としてPOSを活用することも可能なのですから、、、

中小零細企業、個人商店のマーケティングは、、、

ところで、資金がたくさんある大手スーパーさんは、こうやって、POSで売上最大化を目指して、効率的なマーケティングをどんどんしてもらったらいいと思います
一店舗あたり数万点?数十万点?もの商品を管理するのは、現実的にPOSなしではムリでしょうしね、、、

一方、われわれのような中小零細企業や個人商店は、何が売れているか?ではなく、お客さまの行動を観察し、お客さまという「人にフォーカス」します
そして、今は、まだ、お客さまが気づいていないけれど、気づいたときには、
「そうそう!ありがとう!!こういうのが欲しかったんだよ!!」
って言っていただけるような商品やサービスをその価値や意味とともに送り届けていくことが、われわれのなすべきマーケティングではないか、、、と改めて実感しました
あ!もちろん、可能であれば、POS管理して、その行動の結果を測定していくのも、OKというか、大事なことですよ

錫貯金の発案者である前保さん

錫貯金の発案者である前保さん

われわれ(中小零細企業・個人商店)のマーケティングの例でいうと、例えば、先日、このブログで紹介した「錫貯金」もそうだと思います
新梅田食道街 たこ梅 北店の前保さんが、錫貯金を考案して具現化するまで、こんなものこの世に存在しませんでした
そして、「錫貯金やって!!」という人も、存在しませんでした

錫貯金の話はコチラのブログを見て下さいね!
「私、錫貯金で、錫の上燗コップをゲットしました!!」というお客さまが誕生です

それが、錫貯金をお知らせすると、20名以上のお客さまが、楽しそうに錫貯金してくださっていて、お二人が、先日、錫貯金コンプリートで、錫の上燗コップを手にされています

たこ梅も、美味しい、接客サービスなどがきちんとしているのは、さらに磨きをかけながら、スタッフさんとともに、お客さまという「人にフォーカス」して、その潜在ニーズを掘り起こし、価値と意味を伝えて、お客さまに喜んでいただき、選ばれる店となっていくようがんばりますね!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

「掃除と動機付け」のシステムループ図

「片づけながら仕事をする」を聞いて気づいた掃除・片付けとPOP、売上の関係

一昨日は、店長さんとのお店の運営についての月1回の面談です その中で、店長さんの一言で気づいたこと

記事を読む

道頓堀 たこ梅本店の店の前にある看板、リニューアルされました!

2つの研修の合わせ技!?道頓堀 たこ梅本店の店頭看板がリニューアルです!

年に数回、全店、お休みをいただいて社員さんの研修をやってます 7月の研修では、お客さまの不便や不快

記事を読む

別のスタッフさんとも盲点を話し合います

顧客進化の盲点をスタッフさんと順番にシェアしていきます!

この前、エライことに気づきました、、、 たこ梅で取り組んでいる顧客進化の仕組み、どえらい盲点があっ

記事を読む

お客さま創り時間と作割表、顧客の旅デザインマップ、行動時間調査は、すべて、つながっている!

11月の店長会議~ひとつひとつの仕組みが、実は、しっかり繋がっている!!~

先週、たこ梅の店長さん、スタッフのリーダークラスのスタッフさんが集まる「店長会議」でした メインの

記事を読む

マンガでわかる「リッツ・カールトンで学んだ超一流のおもてなし」(髙野登 著)

マンガでわかる「リッツ・カールトンで学んだ超一流のおもてなし」(高野登 著)が、たこ梅文庫に加わりました!

本を読むこと、、、も、たこ梅では、仕事のひとつです 正社員さんも、ホールのパートさんも、半年ごとの

記事を読む

五龍館さんを出発する前に、みんなで記念撮影!

長野県白馬村のリピーター率60%を超える五龍館さんへ2泊3日で研修旅行!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)は、ほとんどが自家製です その仕込みをしている仕込み場を大幅に

記事を読む

7色の根付け紐(ひも)

何色もカラフルな「根付け紐(ひも)」で、お客さまにちょっと、つくります、、、(^o^)v

店主や経営者ともなると、いろんなものが必要になります 店主や経営者の必需品!? こんなものは、や

記事を読む

何かが当たる?何かがおきる?環状線双六です

「関東煮屋・おでん屋ですが、双六(すごろく)始めました!」ってなんのコッチャ?って思ったら読んでねぇ~(^o^)

たこ梅は、創業弘化元(1844)年の日本一古い関東煮屋・おでん屋です 本店は、道頓堀にあります

記事を読む

看板が改良されています!

早速、新梅田食道街 たこ梅北店のスゴロクのお知らせ看板が改良されてました!

先日、新梅田食道街 たこ梅 北店の店頭看板で、お客さまとスゴロクで日本一周、世界一周をして楽しもうと

記事を読む

たこ梅 東店の店長・スタッフ面談

今、取り組んでいる顧客進化を促す仕組みの『盲点』を発見、、、ガビーーン!!

先週、小阪裕司先生の「ワクワク系マーケティング実践術2016」を受け手、一日、勉強していました!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑