*

たこ甘露煮、たいてまーーーす!

公開日: たこ甘露煮

昨日は、私が、タコたきの当番です
170年以上前、創業からの名物である「たこ甘露煮」は、数人のスタッフさんと私との当番制で、毎日、たいています

たこ甘露煮のたき上げ時間は30秒単位で調整

この日も、大釜で、瀬戸内のタコをたいていました
ただ、タコって、養殖はなくて、すべて天然物です

そのため、同じところでとれたタコでも、微妙に違いがあって、一緒にたいたタコがすべて、同じ時間でたき上がる、、、とは限っていません

大釜でたきあがった「たこ甘露煮」です

大釜でたきあがった「たこ甘露煮」です

この日も、こんな感じでたき上がったのですが、釜からあげて行くとき、一匹一匹、そのやわらかさを確かめます
すると、3匹だけが、ちょっと、まだ、かたい、、、

で、このかたさだと「あと3分半やな、、、」と思って、キッチンタイマーを3分3秒でセット!
そして、
「ぴぴぴぴぃ、、、、」
で、釜の火を止めて、やわらかさを確認すると、「うん、OKや!!」ってことで、この3匹もあげていきます

たこ甘露煮、やわらかくたき上がりました!

たこ甘露煮、やわらかくたき上がりました!

その最後にあげた1匹が、この写真のタコちゃんです
ちゃーーーんと、美味しく、やわらかーーーーく仕上がってますよ

味はもちろんですが、一匹一匹、その柔らかさを確かめながらたき上げていくのは、確かに手間です
そりゃ、時間はかって、いっぺんに上げる方が楽っちゃー楽ですからね、、、

でも、「このタコいけるかな?」「こいつはどうやろ?」って、タコと話をするようにしながらたいていく!たき上げていく!と不思議なことに、ちゃーーーんと、どのタコも、エエぐあいになってくれるんです

さぁ、今日も、この調子で、美味しくてやわらかーーーくタコたいて、お店に届けないとね!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

170年前も、今日も、「たこ甘露煮」をたいています!

今日も、「たこ甘露煮」をたいていました 創業の弘化元(1844)年から、毎日、毎日、ダシ(というか

記事を読む

MBS「魔法のレストランR」に、たこ甘露煮が登場です

「水野真紀の魔法のレストランR」に、たこ梅の「たこ甘露煮」です!

MBSの番組「水野真紀の魔法のレストランR」ディレクターさんから電話がかかってきました! 水

記事を読む

「たこ甘露煮」がたき上がりました

子どもプールも大活躍!徹夜で「たこ甘露煮」をたき続けます!!

冬、、、 年末に大活躍するといえばアレですよね! そう! 「子どもプール」です 年末に

記事を読む

完全養殖で誕生したマダコの赤ちゃん

「たこ甘露煮」ちゃん、10年もしたら、養殖のマダコになってるかも!?

いやーーーー、びっくりしたーーーーーーー!! 昨日、新聞を見たときです いや、ほんまに、、、

記事を読む

ほぼ、たき上がってきたタコ

今日も、タコちゃん、やわらかくたけました!!

毎日、大きな釜でたくタコ、、、 170年以上前、創業弘化元(1844)年から、たきつづけられたタコ

記事を読む

左から、てっちゃん、長田さん、勝矢さん、山田さん

ワクワク系マーケティングのグランプリホルダー おさぴーが、道頓堀 たこ梅本店に来てくれました!

先日、すごい人が、道頓堀の たこ梅 本店に来て下さいました 小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マ

記事を読む

NHK BSプレミアム「あてなよる」で、たこ梅本店が登場しましたよ!!

お酒のとアテの大人な番組が、NHKで夜にオンエアされている「あてなよる」 京都の料理研究家である大

記事を読む

たきあがった「たこ甘露煮」

丑の刻参り!じゃなくて、丑の刻にタコたいてました!!(笑)

午前2時、丑の刻参り、、、ではなく、タコをたいていました!! というのは、、、 年末恒例の夜通し

記事を読む

タコをたいてるところを撮影中

MBS「魔法のレストラン」さんのタコの取材でした!

寒くなってくると、オデンが恋しくなる、、、 冬に向けて、よく、テレビや雑誌のオデン(たこ梅では関東

記事を読む

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」

「ミナミ本」で、道頓堀 たこ梅 本店の秘密・ナゾをいろいろ取り上げていただきました!

10月に京阪神エルマガジン社の方が、道頓堀にある たこ梅本店に取材に来てくれはりました 商品

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑