*

スタッフさんにNVCの基礎をオンラインクラスで受講してもらうことにしました!

公開日: 学習・研修&セミナー, 働く環境

コミュニケーションや会話の手法には、さまざまなものがあります
大きな書店にいくと、それこそ、この手の本が何台のも書架に渡って並んでいることもありますよね

たこ梅の書架「たこ梅文庫」にも、カウンセリングやコーチング、心理学系、対話など、いろいろなコミュニケーション関係の本が並んでいます

「NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)」を使ってみると、、、

私も、何冊か本を読みましたし、研修を受けたものもあります

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法(マーシャル・B・ローゼバーグ 著)

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法(マーシャル・B・ローゼバーグ 著)

私自身、さほど、NVCには詳しくない、、、
でも、NVCって、とっても奥が深そうだ、、、
とかいいつつ、あんまりわからんまんやけど使ったら、何気に効果があった!

そんでもって、効果があったことにビックリした!っていうのが、マーシャル・B・ローゼバーグ博士が提唱した「NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)」です

私が、使って、、、というより、実は、コーチングや面談の中で、スタッフさんに人間関係の相談を受けて、そのとき、(私もあんまりわかってないのですが ^^;;;)NVCのやり方でやってみたら?と基本的な手法だけお伝えしたら、なんと、実際にやって効果があったんです
それも、3人に伝えて、3人とも、、、

ちなみに伝えたことって、NVCの基本的な話し方の手順だけです

【NVCの基本的な手順のひとつ】

~「自分がどうであるか」を評価せずに明確に表現する~

1)自分の具体的な行動を「観察」する?
2)自分は、観察した事柄にどんな「感情」をいだいているか?
3)そんな感情をもつのは、自分が何を「必要」としているからか?
   または、どんな「価値」を大切にしているからか?
4)自分が「要求」する本当にしてほしい具体的な行動はなにか?

たったこれだけを使って、相談を受けたケースで、どんな話し方(伝え方)がいいかを15分ほど、一緒に考えてつくっただけなんです
それでも、効果があったので、ビックリです(*゚д゚*)

NVCのオンライン研修用に本とコンパクトなPCを調達

「うちのスタッフさんが、これ(NVCのスキル、メソッド)を使えたら、さらにコミュニケーション、よくなるやろなぁ~」って思いました
といっても、本だけ読んでも、なかなか、難しい面もあります
やっぱり、ちゃんと基礎から教えてもらえたら、、、って思ってたら、オンラインで学べることを知りました
私も受講してみて、自分のわかってないところもよくわかったし、理解が深まった!
これは、いい!!って思ったんです

「よし!これ、スタッフさんに受講してもらおう!」と計画しました
ただ、オンラインでの研修を受けるって、うちのスタッフさん、だれも経験ありません
それと、実際使うとなると、ひとりで学んでひとりで他のスタッフさんに使ってみる、、、ってハードルが高そう

それで、同じ店で2人、まず、受けてもらって、その意見や感想を聞いて、そのあとのことを考えることにしました

手渡されたNVCの本を眺める和田店長

手渡されたNVCの本を眺める和田店長

何本か走るコースのうち、参加コースは、今月の下旬スタートの15:00-17:00の2時間5回のコースに決めました
この時間、仕事として、受講してもらうことも可能な、道頓堀 本店の和田店長と安藤さんに受講してもらうことにしました

NVCの本を持ってニッコリ!安藤さんです

NVCの本を持ってニッコリ!安藤さんです

あと、事務所のスタッフさんにもおひとり受けてもらう予定です

川口久美子さんの基礎コースオンラインクラスのキャプチャ画像

川口久美子さんの基礎コースオンラインクラスのキャプチャ画像

ちなみに、川口久美子さんが主催されるオンラインクラスの詳細は、フェイスブックのイベントページにあるので、興味のある方は、こちらをご覧下さいね!
→ 4/19、21スタート、共感的コミュニケーション基礎コースオンラインクラス5回(平日夜と昼)

今回、本店と事務所のスタッフさんに受講してもらうもうひとつの理由(わけ)

道頓堀 たこ梅 本店の和田店長、安藤さんと、事務所のスタッフさんに受講してもらうことにしたのには、もうひとつ理由があります
それは、今回のクラスがオンラインだから!

現在のたこ梅では、どのお店、事務所にも、インターネットが引かれています
ですので、どの店でもオンラインクラスを受講できそうですが、新梅田食道街の北店、分店、ホワイティうめだの東店では、実際には、かなり難しい、、、
というのも、オンラインクラスを受講すると、そのすぐそばで仕込みの真っ最中!!
音が聞き取りにくくなるのと、PCやテキストを広げて落ち着いてできる場所が確保できないのです

その点、道頓堀の本店は、奥に小部屋もあるし、2回には和室が2間あります
事務所も応接の部屋があるので、そこで落ち着いてオンラインクラスを受講できますから、、、

NVCのオンライン研修用に本とコンパクトなPCを調達

受講してもらうには、理論上は、いまやスマホやタブレットでも十分可能です
でも、やっぱり、PCあった方が良さそうに思います

それで、調達しましたーーーーーー!!

オンライン学習用のコンパクトのPCとNVCの本

オンライン学習用のコンパクトのPCとNVCの本

コンパクトなノートPCを数台購入!!
これがあれば、今後、NVCに限らずいろんなオンラインクラスやウェビナーを受講可能です!

やっと、この4台の基本的な設定が完了
近日中に、接続テストをして、本番のオンラインクラスに備えます

スタッフさんの学習環境が、ちょっとずつだけど、整備されてきて、なんか嬉しーーーぞーーーーーー!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

天外塾でお世話になった後藤さんとお友だち

宮城県の仙台から来てくれはった気持ちに感謝です!!

うちの店、たこ梅っていう飲食店、、、というか、飲み屋さんです 江戸時代くらいに出来た上等の酒を上々

記事を読む

着眼点表(評価項目表)評価シート

ホールパートさんの仕事での成長を促進する評価の仕組みがスタートします!

数年前から正社員さんを対象に、仕事での成長を促す人事評価の仕組みを運用しています 特徴的なのは、評

記事を読む

ミンデル夫妻来日セミナー

プロセスワークの創始者アーノルド・ミンデルのセミナーに行ってきました!

てっちゃん、たこ梅という「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋の五代目店主をやって

記事を読む

ワクワク系マーケティング実践術のDVD

ワクワク系マーケティング実践術2017年版が届きました!!

昨日、事務所で仕事をしていたらインターホンが「ぴんぽーん」 「うん?土曜日になんやろ?」って思うと

記事を読む

新酒の酒粕です

スタッフさんにも「新酒の酒粕」をプレゼントです!!

私、酒粕、好きです! 特に、粕汁とか、、、 子どもの頃から、よく、この時期になると親が作ってくれ

記事を読む

たこ梅分店の店舗面談です

1月の店舗面談~繰り返される望ましくないパターンを打破するには?~

先日、新梅田食道街にある たこ梅分店の和本店長、SA(スタッフアテンダント)の上原さんと1月の店舗面

記事を読む

スタッドレスタイヤです

大寒波に備えて、安全のため運搬車両をスタッドレスタイヤに履き替えました!

この週末、なんでも、40年ぶりの大寒波が日本列島を襲うんだとか、、、 大阪、どうなるんでしょうか?

記事を読む

産創館さんでの組織活性化ワークショップ

産創館さんで組織活性化ワークショップに参加してきました!

昨日の土曜日は、午前中に仕事を片付けて、お昼からは、大阪産業創造館(産創館)さんで午後一杯、半日にわ

記事を読む

研修が終わったホールパートの中井さんにタブレットをお渡ししました

情報の共有、発信ができるように新人パートさんにAndroidタブレットをお渡ししました!

お店が、今どんな状態なのか? お店が、どこへ向かって進んでいるのか? お店や仲間に、自分の考えを

記事を読む

おでんも出せるようになりました!by高羽さん

お客さまが増える中、よりきめ細かい接客・対応をするため、パートさんを募集します!

「お客さまに喜んでいただき続ける!そして、結果、お店が、お客さまから選ばれる!!」ということに、たこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑