*

今日のタコは、立派で大きかった!!もちろん、やわらかーーーくたき上げましたよ!

公開日: たこ甘露煮

今日も、朝からたいてましよ!アレを、、、
それにしても、、、

今日のタコは立派で大きめ!!

170年以上前の創業からの たこ梅の名物「たこ甘露煮」は、毎日、大きな釜でたいてます
タイやヒラメ、ブリ、最近では、マグロなんかも養殖がさかんです
でも、、、
タコって、養殖は無いんです!!

なんでなんでしょーねーーーー???

ってことで、タコは、国産であろうが輸入物であろうが、すべて天然物です
ちなみに、たこ梅のタコは、瀬戸内でとれたマダコを使っています

大釜でたかれるマダコ!

大釜でたかれるマダコ!

ある程度、大きさはそろえて仕入れてますが、それでも、天然物なので、大きい小さいがあります
ただ、、、
今日のタコは、どれも大きめで立派!
大きさも、たまたまでしょうが、そろってました

それで、大釜が、10匹のタコで、満杯状態!

「キレイなタコやなぁ、、、立派やなぁ、、、」と思いながら、丁寧にたいていきます

飴色にやわらかくたき上がった「たこ甘露煮」ちゃん

飴色にやわらかくたき上がった「たこ甘露煮」ちゃん

飴色にやわらかーーーくたき上がった瀬戸内のマダコの「たこ甘露煮」です
あとは、これをお店に持って行って、お客さまのお口に入るサイズにそぎ切りにして串にさすだけ、、、

今夜も、旨い「たこ甘露煮」をご用意できそうです!!(^o^)

いやーーーー、気持ちよく、タコたけたわーーーーーー!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たきあがった「飯蛸の甘露煮」です

春だけの「飯蛸の甘露煮」も、もうじき終わりますよ!!

弘化元(1844)年からの名物「たこ甘露煮」は、瀬戸内のマダコを秘伝のダシでたいています そして、

記事を読む

読売新聞 夕刊 2016年9月17日

読売新聞 夕刊「マチタビ」に笑福亭鶴光さんの思い出の店として掲載いただきました!

先日、読売新聞の編集局の方から電話をいただき、道頓堀にある たこ梅 本店で取材を受けることになりまし

記事を読む

目の左右に金色の環があるイイダコ

今が旬の飯蛸(イイダコ)って、紋付きを着てるって、知ってました?

春、米粒大の卵がイッパイで一番うまい時期を迎えるのが「飯蛸(イイダコ)」です この飯蛸(イイダコ)

記事を読む

飯蛸(いいだこ)の甘露煮

春だけの味わい!「飯蛸(いいだこ)の甘露煮」を始めました!!

170年以上前から、毎日、毎日、瀬戸内のマダコを大釜で甘露煮にたいています 今朝も、もちろん、タコ

記事を読む

あまから手帖12月号

「あまから手帖12月号」の『名店買い物帖』で、たこ甘露煮を取り上げていただきました!

大阪の食文化を支え続ける雑誌に「あまから手帖」さんがあります その今月号で、たこ梅のアレを取り上げ

記事を読む

MBS「魔法のレストランR」に、たこ甘露煮が登場です

「水野真紀の魔法のレストランR」に、たこ梅の「たこ甘露煮」です!

MBSの番組「水野真紀の魔法のレストランR」ディレクターさんから電話がかかってきました! 水

記事を読む

170年前も、今日も、「たこ甘露煮」をたいています!

今日も、「たこ甘露煮」をたいていました 創業の弘化元(1844)年から、毎日、毎日、ダシ(というか

記事を読む

タコたき道場で特訓中のミネッチこと峯松さん

「たこ甘露煮をたけるようになりたい!」はい、『タコたき道場』で、ミネッチ、特訓中です!

15年前に、店を継いでから、ずーーーーーーーーーーっと、たこ甘露煮をたいてきました 新梅田食道街に

記事を読む

ほぼ、たき上がってきたタコ

今日も、タコちゃん、やわらかくたけました!!

毎日、大きな釜でたくタコ、、、 170年以上前、創業弘化元(1844)年から、たきつづけられたタコ

記事を読む

文藝春秋「名作名食」コーナー2,3ページ目

文藝春秋に道頓堀のたこ梅本店が、開高健『新しい天体』に登場する店としてセンターカラー5ページで取り上げていただきました!

ミナミという土地柄なのか、江戸時代から芝居小屋が軒を連ねたせいなのか、作家さん、役者さん、、、いろん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑