*

お中元用の「たこ甘露煮」も、毎日、いっぱいたかせてもらってます!

公開日: たこ甘露煮, おみやげ

昨日は、7月7日、七夕でしたね
そう、7月というと、日本では、お中元をお贈りする季節です

たこ梅でも、お客さまからのお中元のご注文をいただいて、毎日、忙しい時期でもあるんです
ところで、「たこ梅のお中元?なに?」って思われるかたもいらっしゃいルと思いますが、それは、、、

たこ甘露煮のお中元

たこ梅には、創業弘化元(1844)年から、170年以上続く、「たこ甘露煮」という名物があります
瀬戸内の真蛸をやわらかく、170年間、毎日、継ぎ足し継ぎ足しして、大切にしてきた秘伝のダシでたきあげます

たこ甘露煮を釜からあげます

たこ甘露煮を釜からあげます

たきあがった「たこ甘露煮」です

たきあがった「たこ甘露煮」です

これをお店では、そぎ切りにして、串を打ってお出ししてるんです

たこ梅の創業から170年にわたる名物「たこ甘露煮」です

たこ梅の創業から170年にわたる名物「たこ甘露煮」です

ところで、この「たこ甘露煮」をお中元やお歳暮に遣いたい!っておっしゃるお客さまも、昔から、たくさんいらっしゃる
それで、丸っぽのタコちゃんを木箱に入れてお届けしています

たこ甘露煮の姿似(中タコ)

たこ甘露煮の姿似(中タコ)

この画像では、中サイズのタコちゃんの「たこ甘露煮」を木箱にいれて包んでいきます
大サイズのタコちゃんは、この1.5倍あります

お中元の「たこ甘露煮」たくさんたかせてもらってます!

お中元シーズンまっただ中!
毎日、たくさんの「たこ甘露煮」をたかせていただいています

お中元用の「たこ甘露煮」をたいています

お中元用の「たこ甘露煮」をたいています

ありがたい!!んですけど、正直、毎日、大釜で何回もたくので、ちょっとタイヘン、、、^^;;;
あ、でも、お中元を受け取られた方に「旨いわぁ~」って言っていただきたいので、きちんと、がんばってたきます!
ただ、助かるのは、以前は、ほとんど、私ひとりでたいてたので、この時期とお歳暮シーズンは、ヘロヘロで死亡しかけ(←ちょっと大げさ?:笑)でしたが、今では、タコをたける技術をもったスタッフさんも数名育って、交代でたいてるので、ひとりひとりの負担は、ずいぶんと少なくなりました!!(^o^)v
ちなみに、中サイズの「たこ甘露煮」がいっぱい並んだこの画像のタコちゃんは、道頓堀にある たこ梅 本店の和田店長がたいてくれたものですよ!

それから、たこ甘露煮の丸っぽ姿煮は、お中元、お歳暮シーズンだけでなく、いつでも、お届けできます
ただ、ご予約になりますので、各店で、スタッフさんに「たこ甘露煮の姿煮、頼みたい!」とか「たこ甘露煮の姿煮のこと聞きたいんやけど?」って声を掛けて下さいね

さぁ、今日も、おいしい「たこ甘露煮」たかないとね!!
がんばりまーーーーーす!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

目の左右に金色の環があるイイダコ

今が旬の飯蛸(イイダコ)って、紋付きを着てるって、知ってました?

春、米粒大の卵がイッパイで一番うまい時期を迎えるのが「飯蛸(イイダコ)」です この飯蛸(イイダコ)

記事を読む

お中元用の「たこ甘露煮」をたいています!

今日も、お中元用の「たこ甘露煮」たくさん!たかせて頂いてます!!

7月に入って、毎日、たくさんの「たこ甘露煮」をたかせてもらってます! 「え゛?夏は、ヒマなんじゃな

記事を読む

文藝春秋「名作名食」コーナー2,3ページ目

文藝春秋に道頓堀のたこ梅本店が、開高健『新しい天体』に登場する店としてセンターカラー5ページで取り上げていただきました!

ミナミという土地柄なのか、江戸時代から芝居小屋が軒を連ねたせいなのか、作家さん、役者さん、、、いろん

記事を読む

大釜で「たこ甘露煮」をたいています

創業弘化元(1844)年からの170年にわたる名物「たこ甘露煮」たいてます!

今年も、あと1ヶ月足らずですね たこ梅が創業して174年目の年もあとわずかになってきました いよ

記事を読む

NHK BSプレミアム「あてなよる」で、たこ梅本店が登場しましたよ!!

お酒のとアテの大人な番組が、NHKで夜にオンエアされている「あてなよる」 京都の料理研究家である大

記事を読む

たこ甘露煮と飯蛸の甘露煮

春だけの「飯蛸の甘露煮」を楽しめるのも、あと、わずかになってきました!!

170年以上前、弘化元(1844)年からの名物と言えば、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/お

記事を読む

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」2017年3月号

あまから手帖「100年続いてほしい酒場遺産特集」2017年3月号で、道頓堀 たこ梅本店を取り上げていただきました!

今、発売中の関西の食文化を発信する月刊誌「あまから手帖」2017年3月号は、「100年続いてほしい酒

記事を読む

飯蛸(いいだこ)の甘露煮

春だけの味わい!「飯蛸(いいだこ)の甘露煮」を始めました!!

170年以上前から、毎日、毎日、瀬戸内のマダコを大釜で甘露煮にたいています 今朝も、もちろん、タコ

記事を読む

読売新聞 夕刊 2016年9月17日

読売新聞 夕刊「マチタビ」に笑福亭鶴光さんの思い出の店として掲載いただきました!

先日、読売新聞の編集局の方から電話をいただき、道頓堀にある たこ梅 本店で取材を受けることになりまし

記事を読む

たきあがった「飯蛸の甘露煮」です

春だけの「飯蛸の甘露煮」も、もうじき終わりますよ!!

弘化元(1844)年からの名物「たこ甘露煮」は、瀬戸内のマダコを秘伝のダシでたいています そして、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑