*

ゴールデンウィークに来たら大阪らしいお昼ご飯を食べよう!関東煮・おでんの定食があるやないか!!

公開日: 関東煮・おでん, たこ梅 東店

世間では、今日から、ゴールデンウィークが始まったようですね!
ちなみに、私はというと、お仕事と研修で、ほとんど詰まってますが、1日か2日くらいは、お休みできそうです

さて、ゴールデンウィークともなると、大阪も、地方や海外からの観光客の方がたくさんいらっしゃいます
観光するとき、やっぱり、楽しみのひとつは、ご当地の美味しい食べ物!!

うちのスタッフさんが、そんな大阪にいらっしゃった観光客の方に、大阪の味をお知らせする看板をこしらえてくれました!

大阪の味「関東煮・おでん定食」

子どもの頃、家では、関東煮をおかずに、ご飯をいただくことがしばしばでした
たこ梅は、上燗屋であり、お酒を出すお店、、、
ですので、基本、ご飯はおいてません

でも、やっぱり、関東煮とごはん、おでんとご飯って美味しいですよね!
実は、お昼だけ、そんなのやってるんです

お昼限定!関東煮・おでんの定食です ホワイティうめだ たこ梅 東店でやってます

お昼限定!関東煮・おでんの定食です
ホワイティうめだ たこ梅 東店でやってます

ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店では、関東煮(かんとだき/おでん)の定食をお昼の時間(11:30-14:00)だけやってます

ただ、ちゃんと、観光客の方に、お伝えしないと意味がありませんよね!
それで、、、

関東煮(かんとだき/おでん)の定食やってることをお知らせする看板です

ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店のスタッフさんが、つくってくれたお知らせの看板がコレです!

大阪らしいお昼ご飯「関東煮(かんとだき/おでん)定食」

大阪らしいお昼ご飯「関東煮(かんとだき/おでん)定食」

地下街の通路に面して、でーん!とおいてあります

これで、少しは、観光客の方にも、大阪の味を知っていただける機会が増えたんじゃないでしょうか?
ちゃんと伝わってるかなぁ、、、
ゴールデンウィーク中、何人の観光客の方がおいでになるのか?
そんなことが、なんだか、楽しみになってきました!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

淡竹(はちく)の関東煮(かんとだき/おでん)

破竹じゃないよ!「淡竹(はちく)」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

季節季節に旬の食材ってあります 昨日の大阪の最高気温は29℃、今日は30℃の真夏日の予想!! な

記事を読む

蕗(ふき)の関東煮(かんとだき/おでん)です

さわやかな苦みが大人の関東煮(かんとだき/おでん)「蕗(ふき)」が始まりました!

春ですね、、、 大阪の桜はソメイヨシノは散って、八重の桜が来週あたり見頃になりそうです 関東

記事を読む

12月10日発売 月刊文藝春秋1月号の取材です

月刊文藝春秋さんが、道頓堀の たこ梅 本店を取材です!12/10発売号に掲載予定だそうです

昨日は、道頓堀にある たこ梅 本店で、雑誌の取材でした、、、 12月19日発売 月刊文藝春秋1月号

記事を読む

店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「ふぐ天」

店主の知らない関東煮・おでん「ふぐ天」

最近、特にないなぁ、、、 もう、大丈夫かな?  、、、って安心してたら、、、 や、やられまし

記事を読む

退職される方へのお花

スタッフさんが退職され、次のステップに進まれます!

年に数回、、、も最近はありませんが、1,2年に1回くらいは、別れがやってきます 先日も、おひとりの

記事を読む

結んだ「糸こん」を関東煮鍋でたいていきます

関東煮・おでんの「糸こん」は、ひとつひとつ、手作業で結んでいるんですよ!

関東煮(かんとだき/おでん)の定番に糸こんにゃく、略して「糸こん」があります 関東の方では、白滝(

記事を読む

文藝春秋2018年3月号です

文藝春秋「目耳口」に、たこ梅の関東煮・おでんのお取り寄せ(通販)を載っけて下さいました!

先週、文藝春秋さんから、郵便が届きました 「うん?なんだろう、、、、」とおもいつつ、開封してみ

記事を読む

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)

「ダシそのものを食うてるみたいや!」って声がもれた『聖護院大根』の関東煮(かんとだき/おでん)はじまりましたよ!

「いつから?」「まだ?」「そろそろちゃうん?」、、、 12月にはいって、お客さまに、催促され続けた

記事を読む

清荒神さんで、お店の新しいお札を受けました

元日に、清荒神清澄寺さんへお参りして、お店のお札を受けてきました!

一月一日、つまり、元日に、必ずすることがあります 大釜でマダコをたこ甘露煮にたきあげていきま

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)の鯨のスジです

関東煮・おでんの人気の「スジ」!たこ梅は、牛でも豚でもありません!実は、、、

2,3日前から、いきなり寒くなりましたね! というか、この気温が普通なんでしょうが、今年は、ずーー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑