*

お酒の白鹿さんが、5月のアレ用に200個、檜の一合枡を届けてくださいました!

今年も、5月にアレやります!
その準備のため、白鹿さんが、お酒の一合枡をもってきてくれたんです!

特別純米山田錦の試飲を5月にやります!

ホンマに旨い酒をより美味しく飲んで欲しい!
そういう思いから、たこ梅が170周年を迎えた年に、お酒を白鹿さんの特別純米山田錦というお酒にかえました
同時に、燗は錫のタンポでつけていましたが、梅田のお店では、それを陶器製の徳利に移しておだししていました
山田錦に変えたのを期に、本店だけでなく、梅田の北店、分店、東店でも、錫のタンポのままお出しすることにしました

そして、この特別純米山田錦をもっと知っていただくため、5月に有料試飲をするようになったんです
で、今年も、5月に特別純米山田錦の試飲(有料)をします

特別純米山田錦と木枡、錫の上燗コップ

特別純米山田錦と木枡、錫の上燗コップ

ただ、いつも、たこ梅をご利用いただき、また、お友だちなんかを連れてきてもらったり、ご紹介いただいている会員さまには、試飲はもちろん、檜の一合枡もプレゼントさせていただいています
メール会員(入会や会費は無料!)さんになるには、コチラをクリックしてメールアドレスを記入するだけ!
今スグ、メール会員登録(無料)してね!

上燗屋(じょうかんや)での飲み方や楽しみ方、旬の関東煮(かんとだき)、お得な情報も、メルマガで月1,2回くらい届きますよ!

無地の檜の一合枡が200個届きました!

その時、一緒にプレゼントする檜の一合枡ですが、前面と後面に「たこ梅」の焼き印があります
これは、ひとつひとつ、たこ梅で、焼き印を押していきます
200個ということは、400回、焼き印を押すことなるので、結構、時間がかかるんです
それで、1ヶ月以上前の今日、200個の無地檜の一合枡を届けていただきました

檜の一合枡を200個届けていただきました

檜の一合枡を200個届けていただきました

白鹿の営業さんが、200個の檜の一合枡を持って来てくれたんです
写真で、白鹿の営業さんが手に持たれているのは、無地の檜の枡と昨年サンプルとして使っていた焼き印をした一合枡です

さぁ、これから、1ヶ月、、、時間を見つけては、どんどん、200個の檜の枡の両面に「たこ梅」の焼き印を押していきます
5月までに、全部、仕上げなくっちゃね!!
がんばりまーーーーす!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

7色の根付け紐(ひも)

何色もカラフルな「根付け紐(ひも)」で、お客さまにちょっと、つくります、、、(^o^)v

店主や経営者ともなると、いろんなものが必要になります 店主や経営者の必需品!? こんなものは、や

記事を読む

「のぶちゃん」バッジでお客さまから声をかけられてます!

「私も『のぶちゃん』なのよ!」お客さまから声をかけてもらえるって、関係性が生まれやすいですよね!

月に1回、ホールのパートスタッフさんと喫茶店でお茶をのみながら面談しています 昨日も、数名のスタッ

記事を読む

「角打ち」で、立呑みを楽しんではります

1日限りの立呑み『角打ち』大盛況!ありがとうございました!!

170年以上にわたって「上かん屋®」をやってます あ、うちの店「たこ梅」の話です 道頓堀に

記事を読む

新しいメニュー、POPを制作中です

お盆の間に、ヒッソリ、コッソリ、9月からメニューとかPOPを制作してます

いま、世間は、お盆休み期間ですね たこ梅は、、、というと、毎日、元気に営業やってます! 私は

記事を読む

お店用の新しい iPad mini4

お客さまデータベース「大福帳」活用のため、全店舗のiPad miniをiPad mini4に入れ替えます!

昨日のブログで、土曜日(2月4日)に、NAS(Network Attached Storage)を約

記事を読む

3回以上ご来店のお客さまは、、、を追加したお知らせの改良版です

初めて、2回目のお客さん!「よろしくね!カード」受け取ってね!!

商いで大切なことって、いろいろあります その中でも特に大切なのが、 ・お客さま自身が気づいていな

記事を読む

12月の現場会議です

12月の現場会議~顧客進化の仕組みの大穴をふさぐ!~

先週、若手スタッフさん中心の12月の「現場会議」をやってました 各店から、1名ずつ代表のスタッフさ

記事を読む

お酒は錫タンポで湯せんして燗つけ

「錫でつける上燗の酒ってどういうの?」ってお尋ねいただいたのでお答えします!

江戸時代、日本で、お酒と言えば、清酒、どぶろく、焼酎くらい、、、 お大名の一部では、輸入物のワイン

記事を読む

ICE SAKE(あいす酒)のDRYとSWEET

「すっきり飲みやすぅ~」い、ロック専用の日本酒「ICE SAKE」6月限定です

お酒(日本酒・清酒)というと、ひやがエエ!とか、やっぱり燗やろう!!っていろいろ好みはあると思います

記事を読む

ひたすら『酉』を書いています

年賀状ではありません!が、ひたすら『酉』を書いていました!!

もう、年も押し詰まって年賀状の、、、な、わけないですよね!(笑) なんですが、昨日は、夜にこんなこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑