*

関東煮・おでん屋「たこ梅」にいるのは、だんご3兄弟じゃなくて、「ねりもん五兄弟」です!!

公開日: 関東煮・おでん, たこ梅 北店

もう、20年近く前になりますが、1999年オリコン年間シングルチャート1位を獲得し、一世を風靡した「だんご3兄弟」ってありますよね!

一世を風靡した「だんご3兄弟」

一世を風靡した「だんご3兄弟」

だんご、だんご、、、っていう、あのフレーズの歌です!
いや、なんで、こんな古い話をしてるのかというと、たこ梅に5兄弟がいることが発覚したので、、、

たこ梅は「ねりもん5兄弟」です

新梅田食道街にある たこ梅 北店のスタッフさん、いろいろ、おもろい事を見つけます
たこ梅は、関東煮屋、おでん屋なので、そのタネのなかに、練り物(ゴボウ天とか平天とか)も何種類もあります
どんな練り物があるか言えますけど、いちいち、何種類かなんて勘定してませんでした

たこ梅の「ねりもん5兄弟」

たこ梅の「ねりもん5兄弟」、左から、ちくわ、いわし団子、たこ天、ごぼう天、平天

でも、あるスタッフさんが勘定してくれたら、ちくわ、いわし団子、たこ天、ごぼう天、平天の5種類だったんですね
んで、「こりゃー、『ねりもん5兄弟』やな!!」って思ったそうです
なるほど、たこ梅の練りもんは、5兄弟やったんですね

普段は4兄弟!ひとりはどこへ?

ただ、普段は、4兄弟なんです、、、
ひとり、どこへ?

金曜日以外は、ちくわ、いわし団子、ごぼう天、平天の4兄弟、、、
あれ?たこ天くんは?

そう、たこ甘露煮を刻んでいれた「たこ天」くんは、金曜日だけの登場なんです!!
レアアイテムっていうやつですわ

よって、5人の兄弟全員がそろうのは、毎週金曜日だけ!!
月、火、水、木、土、日は、ちくわ、いわし団子、ごぼう天、平天の兄弟4人をかいわいがってもろうて、金曜日には、ぜひ、たこ天もいれて、5兄弟ぜんぶをよろしくお願いします!!

新梅田食道街の たこ梅 北店にいったら、「今日は、ねりもんは、4兄弟やな!」「ををを、5兄弟、全員そろとるな!!」なんて、店員さんに声を掛けてあげて下さい
もちろん、道頓堀の本店や新梅田食道街の分店、ホワイティうめだ地下街の東店でも、言うたってくださいね
スタッフさんが、「え?何です?」っていったりしたら、ねりもん5兄弟のこと、お手数ですが、おせーたってください
よろしゅーーたのんます、、、<(_ _)>

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「椎茸(しいたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

旨いダシを自分のうま味に加えるズルい関東煮(かんとだき/おでん)「椎茸(しいたけ)」始まりました!

ちょっとズルいんちゃうん!? いっつも、コイツがでてくると思います そんなアイツの関東煮(かんと

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)のジャガイモが「とうや」になりました!

関東煮(かんとだき/おでん)のジャガイモといったらコレ!『とうや』がはじまりました!!

関東煮(かんとだき/おでん)の定番のタネで、人気者が「ジャガイモ」です ジャガイモっていうと、コロ

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「オムク」

店主どころか店長も知らない関東煮・おでん!なんやこれ?ん?おむく?オムク???

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)用に仕込まれる松茸(まつたけ)

毎日、松茸の関東煮(かんとだき/おでん)を仕込んでいます!

今週から始まった秋の味覚の王者! そう、アレの関東煮(かんとだき/おでん)が始まったんです

記事を読む

気まぐれ関東煮は熊本の「高菜天ぷら」と「辛子蓮根天ぷら」

店主の知らない関東煮・おでん「高菜てんぷら」「辛子レンコンてんぷら」

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

おでんも出せるようになりました!by高羽さん

お客さまが増える中、よりきめ細かい接客・対応をするため、パートさんを募集します!

「お客さまに喜んでいただき続ける!そして、結果、お店が、お客さまから選ばれる!!」ということに、たこ

記事を読む

熊本産の竹の子(タケノコ)です!立派!!

熊本産の竹の子を関東煮(かんとだき/おでん)にしまーーーす!!立派やわぁ~!

今週の月曜日(4/17)から始まった春の関東煮(かんとだき/おでん)『竹の子(タケノコ)』!!

記事を読む

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」2017年3月号

あまから手帖「100年続いてほしい酒場遺産特集」2017年3月号で、道頓堀 たこ梅本店を取り上げていただきました!

今、発売中の関西の食文化を発信する月刊誌「あまから手帖」2017年3月号は、「100年続いてほしい酒

記事を読む

「えりんぎ」の関東煮(かんとだき/おでん)

え゛!アワビ?「いえ、違います!キノコです!!」、、、そんな「えりんぎ」の関東煮(かんとだき/おでん)やってます

夏の暑いとき、あっさりした関東煮(かんとだき/おでん)も、ええもんです で、こんなのもやってます

記事を読む

鯨の舌の白い部分だけが「さえずり®」となります

ミンク鯨の舌から、さえずり®に出来る部分だけを切り出しています!

いまから170年以上前、江戸時代の終盤、弘化元年(1844年)に、道頓堀にかかる日本橋(にっぽんばし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑