*

「これからのリーダーシップ勉強会~チームの成長を促すためには?~」にスタッフさんと行って来ました!

道頓堀にある たこ梅 本店の和田さん、ホワイティうめだ地下街にある たこ梅 東店の岡店長と、毎月、1回、チーム経営さんの「これからのリーダーシップ勉強会」に参加しています

大阪産業創造館

大阪産業創造館

そして、3月は、昨日(3/10)が、産創館さんで海佐入れるその勉強会の日でした
もちろん、3人で行って来ましたよ!

これからのリーダーシップ勉強会と学習する組織、行動探求

チーム経営さんの「これからのリーダーシップ勉強会」

チーム経営さんの「これからのリーダーシップ勉強会」

今回の「これからのリーダーシップ勉強会」のテーマは、「チームの成長を促すためには?」でした
平成20年8月のリーマンショック後、順調だった経営が、右肩下がりに、、、
それで、私は、それまでとは全く異なるやり方である「学習する組織を創る!」を選択しました
ただ、その概念は素晴らしいけれども、具体的な構築方法がわからない、、、
それ以来、試行錯誤しています

今回の「これからのリーダーシップ勉強会」である「チームの成長を促すためには?」は、学習する組織を構築していくのにピッタリでしょ!
それに、最近、組織開発の大家ビル・トルバート博士の「行動探求・Action Inquiry」を読んだところ、、、

行動探求(ビル・トルバート著)

行動探求(ビル・トルバート著)

「行動探求・Action Inquiry」では、発揮するリーダーシップによって、その発達段階を「機会獲得型」から「外交官型」「専門家型」「達成者型」「再定義型」「変容社型」「アルケミスト型」までの7段階に分けています
その各々の段階で、特徴的な物事に対するとらえ方や見方、行動様式が示されています
そして、個人、二者間、組織においで、そのリーダーシップがどう発揮されるのかも書かれています

それって、この日のテーマである「チームの成長を促すためには?」とも重なる部分が多いので、そんな「行動探求・Action Inquiry」の視点も持って、勉強会に臨みました

これからのリーダーシップ勉強会~チームの成長を促すためには?~

昨日の勉強会では、20人くらいの方が集まっておられ、5テーブルにわかれて、ワールドカフェ形式で、議論でも会話でもなく「対話(ダイアローグ)」していきます
テーマは、チームの成長についてです

チームの成長についての対話

ワールドカフェ形式でチームの成長についての対話していきます

どんなとき、チームの成長を実感したか?成長するチームとは?
そんなことについて、対話していきます

いろんな方の体験や考えを聞いていると、自分の考えに新たな視点が足され、「あっ!」「こういうのも、、、」なんていう気づきや発見が生まれてきます
気づきの広がりも、「こんなんもあるなぁ、、、」という横へもあれば、聞こえたことから、「そこにあるものは、、、」「その奥には、、、」と縦、深さへの広がりもありました

対話のあとは、各々の気づきを言葉にしていきます

チームの成長について、私が、気づいたこと

チームの成長について、私が、気づいたこと

ちょっと、読みにくいと思いますが、これが、私の気づきを言葉にしたものです
どんなことを気づいたのか、、、という私の気づきについて、簡単にお伝えしますね、

【チームの成長を促すには?の中で気づいたこと】
「個人の成長と関係性の成長が相互に成長を促す」ということ
その中では、関係の質があがっていきます
また、関係性の成長、個人の成長は、個人としても組織としても「内省力(気づいたり、ふりかえったりする力)」のチカラに支えられ、これが高まると自分自身と相互のフィードバックが増えます
また、同時に相互学習を支援することにもなります
どちらかというと、ここまでは、内側の成長で、目には見えにくいものです
ただ、これらは、売上や効率アップや新規事業などの挑戦の増加として目に見えることになります
そして、個人としても組織としても、レジリエンス(回復力)、パフォーマンスの力もアップしています

「チームの成長を促すには?」について、たこ梅3人組でふりかえりです

チーム経営さんの「これからのリーダーシップ勉強会」のあとは、たこ梅 本店の和田さん、東店の岡店長と私の3人は、いつものように、この日、学んだことをスグにふりかえりしていきます
最近は、ココでふりかえりをします

お互いの気づきシートを見せながら、これからのリーダーシップ勉強会で、気づいたことを話していきます
そして、残りの二人から、それを聞いて、どう感じたか?とか、意見や感想、質問を投げていきます

リーダーシップ勉強会後の「ふりかえり」です

リーダーシップ勉強会後の「ふりかえり」です

それで、一周したら、ビールでカンパーイ!をして、ちょっと、ノドを滑らかにして、さらに、お互いに問いをなげたりしていきます
今回のテーマは、すごく身近に感じたようで、「たこ梅の今に当てはめると、どうなんだろうか?」という問いも、スタッフさんから自然に出てきて、それについて、お互いに感じることを話していました
勉強会後の「ふりかえり」の時って、議論にはならず、対話というか意見交換しながら、自分の中で、さらに深めていく時間だという印象をもっています

お店の中や会議では、数年前より、お互い格段に自由に話せるようにはなっていますが、やっぱり、こういうちょっと飲みながら、、、だと、さらに思っていることを出していけるようです
この「ふりかええり」の場を設けること自体が、この日のテーマである「チームの成長」を促しているように感じました

このほか、たこ梅の場合は「お店」というのが「チーム」のひとつに単位になりますが、この成長を促進する取り組みをこれからも続けていきます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

本棚を買いに行ってきました!

床に本を積ん読はよくない!ってことで、本棚を買いに行きました!!

事務所に書架があって本が並んでいます その本たちを「たこ梅文庫」と呼んでいて、スタッフさんに貸し出

記事を読む

乾杯して、リーダーシップ勉強会のふりかえりをします

これからのリーダーシップ勉強会4月~ワークで気づいた自分の陥りやすいクセ~

昨年の9月から、毎月、たこ梅 本店の和田さん、東店の岡店長と一緒に、会議ファシリテーションの研修など

記事を読む

ストック&フローを使って、顧客の旅デザインマップを眺めます

10月の店長会議は、なぜか、システム思考がちょくちょく登場です!

最近の店長会議、なんか、以前と違います 雰囲気が柔らかくなったように思うし、前から意見は結構出てい

記事を読む

たこ梅 分店のお店運営 月一面談です

お店の運営面談では、店長・スタッフさんが自ら気づき、発見して前に進んでいきます

やっぱり、お店の中では、スタッフさんとのコミュニケーション、、、だいじですよね それで、たこ梅では

記事を読む

ホワイティうめだの表紙です

ホワイティうめだの表紙を飾る男!ポスターにもなってるらしい、、、

ホワイティうめだというと、一日60万人が通ると言われる日本一忙しい地下街、、、 そのホワイティうめ

記事を読む

「リーダーシップとは何か?」(ロナルド・A・ハイフェッツ 著)

「リーダーシップとは何か?」(ロナルド・A・ハイフェッツ 著)を読み始めました

この前、「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)を読みまし

記事を読む

佐藤先生も入って一緒に議論

全社員さんとお客さまも気づいていない隠れた思いをヒアリングでくみ取る研修!

たこ梅は、今年で、創業して173年目になります 今では、日本で一番古くからやってる関東煮屋(おでん

記事を読む

本をならべるのは、てっちゃんのお仕事です

たこ梅文庫の書架を増設して整理完了!スタッフさんへの貸し出しもスムーズになります!!

たこ梅では、スタッフさんに本の貸し出しをやっています また、スタッフさんは、本を読むのも仕事なんで

記事を読む

新人パートさんとアイスブレイクからオリエンテーションです

新人さんとヘンな入社オリエンテーション3連発!アイスブレイクに学習する組織、なんでもアリです!!(笑)

ちょっとだけ、先のことも考えて、スタッフさんの募集を継続しています で、最近、数名のパートスタッフ

記事を読む

40年以上に渡る山﨑さんの たこ梅人生のラストデイ!

たこ梅人生40年以上!山﨑さんの卒業の日です

3月31日は、道頓堀にある たこ梅 本店の山﨑さんの68歳のお誕生日でした そして、たこ梅を卒業の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑